蓮舫さん!娘の就活を公共電波でしないで下さい

2016年11月22日 11:30

『蓮舫が「金スマ」で家族のプライバシーを大安売り』という記事はすでにお読みいただいたかと思うが、この番組をめぐっては、ご主人への人権侵害としてひどいのではないかという指摘と、政治家としての立場を利用して、テレビを娘の売り出しや就活のために利用したのでないかという指摘がある。

ご主人のことは、『蓮舫代表の夫の扱いに批判殺到 「ペット以下の存在」「そのうち居なくなる」』という記事に詳しく書いているから、そちらを参照いただきたいが、女から男には何言ってもいいのか?とくに政治家としてはこんなこといってはいけない。 

甘えたくなることはないのか、の質問には、「その気持ちが無いですね。感情として」。娘の翠蘭まで、家の中の序列はどうなっているのかという質問に対し、「蓮舫氏がズバ抜けて上で、その下に自分達子供が来て、次はペットで、父親の地位はずっと下だと手を下げて見せた。その時に代表は娘の手を取りさらに下に下げた」。 

夫の髪の毛が年々薄くなっていることについても、蓮舫は、「そのうちフェイドアウトするんじゃないですかね。居なくなる」。結婚した年や、結婚記念日、プロポーズも覚えていないと語った。夫が憶えていることについて、「そんなのいちいち覚えていているなんて、人生面倒くさいですね」。

これが放送されると、ネット上で「家庭内虐待が行われている?」「DV(ドメスティックバイオレンスだ」と書き込み多数。大富豪の華人の家に転がり込んだ長崎出身のマスオさんが苛められているのは、民族感情としても嫌だと思う人もいて当然だ。 

しかし、これは、まあ、家庭の問題だ。それよりひどいのは、番組全体をみれば、民進党代表としての地位を利用して娘の売り出しというか、就活まがいの事をしたことだと思う。 

こうした場合、普通は、娘として母親のことを控えめに語るというのはありと思うが、この番組では、娘自身の留学のこと、彼氏やアルバイトのことまでを紹介し、スタジオにまで登場させて、将来の女子アナ志望の話までさせている。 

これでは、タレントとしての娘のセールスプロモーションだ。これは、政治家としての姿勢としていかがなものか。小泉元首相の息子も俳優として父親の名前を使ってはいたが、現役時代の小泉さんが一緒にテレビに出て売り出しなんかしたわけでない。

芸能人が自分の子供の売り出しをワイドショーでやっても私なんか嫌だと思うが、蓮舫は政治家だ。娘の売り出しを政治家としての自分を扱う番組でやるのは資金疑惑と同じ性格の公職を私的利益のために使う不祥事だ。 

また、娘も自分で蓮舫の娘であることがラッキーという気持ちで出演したということだ。有名人の未成年の子がこういう形で顔と名前を出せば、未成年だからという保護を受ける権利は以後ないのは当然だ(といっても、すでに蓮舫がもっと小さなときから名前を公表して中国人としての名前をつけ華人としての気持ちを忘れず、華人としてのネットワークを使って世界で生きて欲しいと雑誌インタビューで吹聴していたし、本人もFacebookで閲覧制限なしでは蓮舫の子であることや学校の名前まで積極的に宣伝してきた)。

子供たちも強引でなんでも決めて押しつける母親でたいへんだろうが、子供のときから華僑としてのたくましい生き方をたたき込まれているようだ。留学先は親戚のところとかいう噂も聞く。日本ではハーフなどのタレントをやたら珍重するし、それをいちがいに悪いとは云わないが、同じハーフでも、親のコネをラッキーと利用するような人より、もっと地に足がついて苦労してきた国際人を登用してこそ意味があると思う。

※アイキャッチ画像はTBSより引用(編集部)

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学大学院教授

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑