「7人の侍」除名。今日から戦端が開かれる

2016年12月07日 06:00

警鐘を打ち鳴らしたつもりだったが、何の足しにもならなかった。

これが私の実力ということだろう。
あっさりと兜を脱ぐところだが、兜を脱いだら今度は早速新しい兜を被ることになる。

これから始まるのが、本当の戦い。
血みどろの戦いになるのかどうかまでは分からないが、今日から戦端が開かれることになる。

私はかねてから7人の侍の側に立つことを表明しているから、求めがあれば7人の侍と共に行動する。

火事と喧嘩は江戸の華というのは死語の類になったのか、と思っていたが、どうもそうではないようだ。
生粋の江戸っ子でない人も案外賑やかなことがお好きなようだ。

まあ、いいでしょう、というところである。

多分、今日からあちこちで火花が飛び散るはずである。
向こう傷を恐れない人が、最後は勝つ。

今度は、赤勝て、白勝て、と両陣営を応援するわけにはいかない。
小池さんと7人の侍をバックアップするのが私の役割になるはずだ。

もっとも、頼まれないと動かないのは、いつものとおりであるが。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2016年12月6日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は映画より)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑