新春のお慶びをお申し上げます 「未来に誇れる日本」を!

2017年01月03日 18:00

昨年は、7月の都知事選および9月の党代表選への出馬をめぐり、多くの皆さまから温かいご激励をいただきました。改めて感謝申し上げます。残念ながらご期待に応えることはできませんでしたが、改めて政治を志した原点に立ち返る機会を得て、国政にこの身を捧げる覚悟と決意を新たにすることができました。

激動の国際情勢を生き抜く日本の戦略は何か?

さて、今年の国際情勢は、数十年に一度ともいうべき大激動が予想されます。トランプ大統領の誕生は、紛れもなくその筆頭に挙げられる出来事でしょう。すでに就任前から40年近く米中関係を規定してきた「一つの中国」政策からの逸脱を示唆したり、多国間の自由貿易システムや気候変動への国際努力からの撤退を明言したり、ロシアとの急接近やイランとの核合意批判などオバマ前政権のレガシーをことごとく否定しており、トランプ大統領の描く世界新秩序がどのようなものになるのか、予測がつきません。それは、アメリカの政策立案コミュニティでも同様です。私は、国軸の会の有志議員たちと昨年の臨時国会閉会直後にワシントンを訪れその動静を探りましたが、トランプ政権移行チームの中枢にいる人々ですら皆目見当もつかない様子でした。

アメリカの対外政策が不透明な中、欧州ではドイツやフランスはじめ主要国で大型国政選挙が行われ、韓国では春の大統領弾劾をめぐり、中国でも第19回共産党大会を秋に控え、いずれも激しい権力闘争が繰り広げられることが予想され、不透明な北朝鮮情勢とも相まって、我が国を取り巻く地政学的リスクはかつてないほど高まるでしょう。

地政学的リスクが高まれば、野党の責任も重大

このような中で、国会論議における野党の役割は重要です。来年度予算案や規制改革など政権の政策を厳しく監視する一方で、外交や安全保障政策で建設的な対案もなく批判や反対に明け暮れれば、我が国の国際的な立場を弱めることにもつながり、国民からの信頼をさらに失うことになりかねません。その意味で、理念も国家観も異なる共産党との選挙協力などはあまりに節操がなさ過ぎます。苦しくとも自力で党勢を立て直し、現実的な政権の受け皿となり得る健全野党を目指すべきです。私、長島昭久は、そのような真摯な努力の先頭に立つ覚悟です。

衆院選と都議選を勝ち抜こう!

一方、今年は、夏に都議会選挙を控え、その前後に衆議院の解散総選挙も想定され、政治家として、文字通り正念場の年となります。

東京都を選挙区とする以上、私にとってこの二つの選挙は不即不離の関係にあります。どちらが先に来ようとも、小池百合子都知事が進める「東京大改革」を推進するのか、距離を置くのか、国政における与野党の立場を超えて、政治家として重大な選択を迫られることは間違いありません。同時に、その選択は、これまで地域において政治活動を共にしてきた同志の皆さんの将来にも直結します。今夏の都議選には、立川市選出の現職・酒井大史さんに加えて、日野市では菅原直志さん(市議6期)と昭島市では内山真吾さん(市議2期)が初挑戦することになっています。いずれも30代・40代の改革の情熱に燃えた次世代の政治家で、何としても都議会へ送り出さねばなりません。

正念場を迎える小池「東京大改革」を推進しよう!

結論から言えば、私は、「都民ファースト」の政治を掲げ、都政に腐敗と停滞をもたらした都議会自民党の支配構造に敢然と立ち向かう小池都知事を全面的に支援して行きたいと考えます。オリンピック・パラリンピック東京大会の施設整備や豊洲市場問題で批判を浴びる場面も多々ありますが、過去の問題から決して逃げることなく、悪しき因習となってきた都議会の復活予算200億円余をバッサリ切るなど毅然と都政の闇に切り込む姿に、多くの都民や国民が期待を膨らませていることは紛れもない事実でしょう。そのことは、私自身地域を歩いて有権者の声を聞くにつけ改めて実感します。

東京が先頭に立って、「未来に誇れる日本」を実現しよう!

その上で、都政における喫緊の課題は何か。それは、少子超高齢社会における「社会課題」の解決に他なりません。こどもの貧困や教育現場の再生、高齢者世帯や障碍者のサポート、医療や働き方の改革など、いずれも国政の課題とぴたり重なります。しかも、東京が変われば国全体に大きなインパクトを与えることができるはずです。それは、経済や環境エネルギー分野でも同様です。

長島昭久

とくに、東京は、AIやロボット、IoTなどを中心とする「第4次産業革命」がもたらす革新的技術や世界の創造的人材(リチャード・フロリダ教授が名づけた「クリエイティヴ・クラス」)を呼び込むことによって、日本の経済成長を牽引して行くのです。そのような環境整備に英知と情熱を傾ける政治勢力が何としても必要です。

そのためにも、私は、首都東京を中心に、党派的な利害打算を乗り越えて、本気でアンシャン・レジーム(旧体制)と闘い、旧弊を打破する新しい政治潮流をつくり出すために不退転の決意で臨む所存です。本年も変わらぬご支援の程どうぞよろしくお願いします。

平成29年丁酉元旦
衆議院議員 長島昭久

編集部より;この記事は、衆議院議員の長島昭久氏(民進党、元防衛副大臣)のオフィシャルブログ 2017年1月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は長島昭久 WeBLOG『翔ぶが如く』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
長島 昭久
衆議院議員(比例東京)、元防衛副大臣

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑