反トランプの「女性の行進」で、子宮の絵が飛び交ったワケ

2017年01月27日 06:00

オバマ撤廃デモ

「女性の行進(Women’s March)」と言えば、ワシントンD.C.をはじめ全米各地に広がった反トランプ運動です。ピンク色のテーマカラーを身につけた女性がストリートを闊歩し、メディアでは大きく取り上げられましたよね。

しかし、そもそもなぜ「女性の行進」だったのでしょうか?

トランプ米大統領と言えば、選挙中から医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃と修正を選挙公約に掲げていましたよね?ヒントはそこに隠れており、オバマケア廃止は女性にしか分からない問題を引き起こしかねません。

ズバリ、避妊です。

オバマケアでは、ピルをはじめ米食品医薬品局(FDA)で定められた18種類の避妊具あるいは避妊の自己負担が基本的に免除されています。しかしトランプ氏は第3回・大統領討論会でも中絶反対の立場を明確化したように、中絶反対派ですよね?就任初日にはトランプノミクスに向けた財源確保の必要性もあり、人工中絶を支援する非営利団体への資金援助を停止する大統領令に署名していました。

そもそも共和党は、オバマケアの代替措置を提示していません。その上、トランプ氏が指名した厚生長官候補でトム・プライス下院議員は公聴会で女性に自己負担を求めるよう証言しています。元整形外科意の同議員は代替案を公表済みとはいえ、同案では保険会社は加入希望者を拒否できない一方で医療保険支払いの滞りが生じれば支払額を大幅に引き上げることを可能とし、民主党の猛反発は必至で代替案成立が年内に収まるか不透明な点も気掛かりです。

「女性の行進」では、uterus=子宮の文字や絵が度々見受けられました。

uterus-ovaries-protest-grow-pair-galore-1024x576

(出所:galore)

最悪の事態に備え、女性陣も準備しつつあります。一度装着すれば外すまで妊娠を防止できる子宮内避妊用具(IUD)の人気が急騰中で、非営利団体で産婦人科関係の無料医療サービスを提供する非営利団体プランド・パレントフッドのセシル・リチャーズ氏がCNNで語ったところでは、大統領選後に需要が900%も上振れしたとか。経口ピルと違い、継続的な服用と費用負担が回避できる点が関心を呼びました。お値段は1,000ドルとお高めながら、オバマケアの下では無料ですから今のうちにと殺到するのも無理はありません。

アメリカ疾病予防管理センターの調査では、15〜44歳の米国女性の間で避妊具あるいは避妊薬を利用中との回答は2006〜10年において62%でした。意識の高い女性陣が高い自己負担を強いられるとは皮肉ですが、果たしてトランプ米大統領は女性の望みを聞き入れてくれるのでしょうか?

(カバー写真:Mobilus In Mobili/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2017年1月26日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑