音喜多氏が提起した「土壌Xデー」は一体何だったのか

2017年04月12日 09:30

東京都議会議員の川松真一朗(墨田区選出・都議会自民党最年少)です。

さて、百条委員会も一定の結論が出てきそうな時期になってきました。このブログにも、そろそろ市場以外の話題も書いて欲しいという要望も多数届いております。バランスを見ながら私の描く「明日の東京、明日の日本」の姿も当然ながら記していきますが、今日は百条委員会の話です。お許し下さい。

百条委員会で出た「土壌Xデー」の真相は!?

センセーショナルに議場でパネルを使って述べられたわりは得るものは何もなかった形のXデー騒動。私自身としてはやり取りを見ていて、わざわざ議会にお越し頂いた証人の皆様に対し敬意を表す事はほとんどなく甚だ失礼ですし不誠実な印象でした。濱渦さんに対し「偽証の可能性が濃厚」といっている方であるならばこそ、こんな“フェイク”は訂正されたほうがいいと思います。

<以下、自民党都議がまとめた委員会やり取りの書き起こしです。>

《福永元副知事、大矢元市場長への証人尋問 》

2017年3月11日(土)
○音喜多議員の発言
 「東京ガス側から提出された資料から、我々都民ファーストの会は驚くべき新たな事実を発見いたしました。

 それは、浜渦副知事が都の環境確保条例と国の土壌汚染対策法の成立を、ある意味では利用して東京ガスに圧迫あるいは脅迫ともとれる交渉を行って、強引に土地の売却を承諾させていた可能性を示唆するものです。」

東京都と東京ガスの交渉において、都側の赤星理事は、浜渦副知事からの指示として、土壌汚染 X デー、あるいは、 Xデーという単語を用いて、この日、これは土壌Xデーですね、を迎えれば、土壌問題が噴出し、東京ガスが所有する土地の価格が下落する。結論さえ出せば、石原知事が安全宣言で救済するから、早急に結論を出すように、などと伝えている様子が克明に記録をされています。

「この東京ガス側の記録の作成者は末尾に脅かしてきた、これ以上議論をしても無駄など、激しい憤りを節々ににじませています。・・・」

「福永証人に伺います。当時、引継ぎを行った浜渦副知事及び赤星理事たちが、このようなあからさまな政治的圧力を用いた交渉を行っていたことはご存知でしたでしょうか。この東京ガス側に赤星理事が突き付けて土壌 X デー、この単語に聞き覚えはないでしょうか。伺います。」

○福永証人
 「全てに全く事実を承知しておりません。

《浜渦元副知事への証人尋問》 

2017年3月19日(日)
○河野議員の発言
 「センセーショナルな言葉で印象操作をするようなことはあってはならないわけなんですけど、先日の11日、福永副知事と大矢市場長、東京ガスグループに対して行われた証人喚問、この際に、都民のファースト会の音喜多委員が配布された資料があったんですね。・・これは音喜多議員が事実誤認をされていると私は思っております。このビラのことです。
 ・・・土壌Xデーとは、土壌汚染対策法が適用されて、豊洲の土地の価格が下落する日ではどういうことで、センセーショナルな言葉を巧みに使われて、図表を用いて、こういう印象を作られてたと思うんですけど、私は事実が少し違うと思っております。・・・」

 「浜渦証人にお聞きしたいと思います。・・・土壌X デーとは・・・何だと思いますか。・・・」

○浜渦証人

 「何のことやらさっぱりわかりません。

○河野議員の発言

 「Xデー」・・・「これは東京ガスの HP に載っている資料で・・・・ X デーというのは、私はどう見ても、この東京ガスが自分たちでこれからやろうとする、要するに東京都の環境確保条例を先取りして、これから自主的に土壌調査結果及び汚染土壌対策を発表する日のことをいっていると思います。
 ・・・土壌対策法・・・あたかもそれによって土地の値段が下落して、それを使っておどしているかのようなストーリーは、私にとってはまるでこれは小説でありました。
 ・・・このメモは、東京ガスの提出の段ボールの中に入っておりました。しかし、いつ、どこで、誰が出席して、誰が書いたのか、出どころも不明です。ほかの東京ガスの書類とは違い、異質なものでした。・・・・このメモを、ことさら取り上げるようなメモではないと。」

《赤星元理事への証人尋問 》

2017年4月4日(火)
○河野議員の発言
 「これは私、この百条委員会で何度か出ていることなんですけど、東京ガスから提出された段ボールの中にメモがありまして、このメモ、私、以前に東京ガスさんのとき、浜渦証人のときに、ことさら取り上げるようなメモではないというふうな発言をしたんですけど、あえてちょっと取り上げさせていただきたいと思うんですが、・・・ X デーといった言葉を使ったことがありますでしょうか。・・・」

○赤星証人

 「そのような言葉を使った覚えはございません。

ポイント

河野ゆうき議員の指摘

資料の山となっていた大量の段ボールにあったメモを基に作成された音喜多議員のビラは、土壌 X デーを「都の環境確保条例と国の土壌汚染対策法の成立の日」と勘違いし、あたかも東京ガスがどうすることもできない条例や法の制定を使って東京ガスを「脅している」といった誤った事実認識に基づくものであるというのが河野議員の指摘でした。

ところが、

事実はむしろ、真逆で、東京ガスが、法の制定に先んじて、自ら策定する土壌対策を、自らの判断で発表する日のことである。 そして、この X デーという言葉は東京ガスの中で使われていた用語であり、東京都の担当者は知らない用語であって、そのことを赤星証人に念のため確認したのです。

したがって都の職員が知りもしない「東京ガスの用語Xデーという言葉で東京ガスを脅す」ということなどあり得なかった、このことを4月4日の証人尋問で、赤星証人に確認するためにメモを引用したに過ぎません。

また、メモについては「いつ、どこで、誰が出席して、誰が書いたのか、出どころも不明」なため、東京ガスに確認を依頼したのですが「不明」という回答であったと漏れ伝わります。東京ガスが提出した資料であることは間違いないのですが、資料としての信頼性は他のものとは異なる事は揺るぎないファクトと言えるでしょう。

根本的に都議会改革は必要

こんなレベルの審議で都議会や世論を惑わせてしまう議員がいる事も、都議会自民党の体質改善と同様に多くの有権者の皆様に知って頂きたいなと思いました。いずれにしても私達は都民が疑問に思っている点を一日も早くクリアし、市場問題の早期収束へ努力して参ります。


編集部より:このブログは東京都議会議員、川松真一朗氏(自民党、墨田区選出)の公式ブログ 2017年4月12日の記事を転載させていただきました(タイトル改稿)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、川松真一朗の「日に日に新たに!!」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
川松 真一朗
東京都議会議員(自由民主党、墨田区選出)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑