中居正広に学ぶリーダーの「癒しの力」 --- 真田 茂人

2017年06月03日 06:01

これからの管理職が目指すリーダー像を示してくれているのが、元SMAPのリーダー中居正広さんです。

昨年7月にオウチーノ総研がインターネットを通じて実施した「『リーダーシップ』に関するアンケート調査」(首都圏在住、就労中の20~59歳男女851人が対象)において、「自分が考える理想のリーダー」で1位にランキングされたのが中居正広さん(以後、「中居くん」にします)でした。

この調査では「リーダーシップを構成する要素は何か?」という問いに対しては、

1)「行動力・決断力」43.0%、
2)「コミュニケーション能力」37.0%、
3)「やさしさ・器の大きさ」30.6%

中居くんの強みも「コミュミケーション能力」と「やさしさ・器の大きさ」ではないでしょうか。
コミュニケーションは全てのビジネスマンに必要ですが、それは多くの場合、自分が得たい情報を得るために使われます。つまり自分のためのコミュニケーションです。

しかし、それが「優しさ・器の大きさ」の表現として現れると、違った効果があります。
それが「癒し」の力です。

リーダーには「癒しの力」が必要だなんて話は聞いたことが無いかもしれません。
しかし、多くの人は、大きな目標、過大な業務、プレッシャー、人間関係の複雑さなどで、傷つき、疲れているのです。

中居くんは、現場で共演者やメンバーが不安そうにしていると、『大丈夫だよ』と言って、メンバーを励ますと言います。

多くの人が印象に残っているのが、不倫騒動の影響で休業していたベッキーさんをゲストとして招いた「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」でのことです。

普通のキャスターなら「どうして不倫をしたんですか?」と問い詰めるところ、中居くんは
「スッゲー、好きだったんだね」と優しく問いかけたのです。

ベッキーさんは「うーん…」と言葉に詰まり、「それは好きでした。ごめんなさい…」と号泣しました。そして自分の気持ちを中居くんに受けとめてもらうことで、自分を取り戻していったのです。

「癒し」は傷ついた状態を元に戻す効果があります。その人、本来の力を発揮させることが出来るのです。中居くんには、その力があります。ベッキーサイドもそれが分かっていて、ベッキーを中居くんに任せたのでしょう。

多くの組織では、一番成果を出す人、主役的な人がリーダーに任命されます。
SMAPで言えば、本来はキムタクがリーダーにふさわしいはずです。
中居くん自身が「SMAPのエースは木村君だよ」と公言しています。

チームや組織が右肩上がりの時であれば、一番成果を出してきたエースがリーダーを務めるのが自然なことです。そして成果を出してきたエースは、自分の成功体験をメンバーに移植しようとします。その時代にマッチしていればうまく行くことも多いものです。

しかし、環境が厳しくなり、今までの成功体験だけでは乗り切れなくなった時、メンバー一人ひとりが持てる力を全て発揮することが求められます。

ところが、厳しい環境の中でメンバーが傷つき、疲れ、自信を無くしていたらどうでしょう。
この時に、「何やってるんだ。ふざけるな。さっさとやれ」「俺が若い時は、こんなもんじゃなかったぞ」という叱咤するリーダーに人はついて行くでしょうか。激を飛ばされて元気になるでしょうか。もちろん、そういう人もいるでしょう。でも、多くの人は違う反応を示すのではないでしょうか。

一握りのスーパースターに頼れるほど、楽な時代ではないのです。メンバー一人ひとりが持ち味を生かし、その人の才能を最大限発揮することが必要です。

過去の栄光を背景に力で相手を屈服させたり、相手を無理やり引っ張るリーダーの時代は終わったのかもしれません。何故なら、今私たちが居る時代は、過去のエースが活躍した時代とはずいぶん違う時代だからです。もっと複雑で難しい時代に生きているのです。

人を癒し、力を引き出す中居くんのようなリーダーを時代は求めているのです。

中居くんが発揮している「癒しの力」のリーダーシップは「サーバントリーダーシップ」と呼ばれるものです。これからも中居くんの発揮するサーバントリーダーシップには注目です。

真田 茂人
リーダーシップ教育コンサルタント 日本サーバントリーダーシップ理事長
アゴラ出版道場二期生

早稲田大学卒業後、リクルート、外資系金融機関、人材サービス会社設立を経て、2001年に「サーバントリーダーを育成し、『良い組織』創りを支援する」というビジョンを掲げる㈱レアリゼ設立、代表取締役就任。日本を代表する企業の幹部教育や組織開発を数多く手掛ける。2004年NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会を設立。理事長就任。サーバント・リーダーシップの普及を通じ、日本を再生し、グローバルに通用するリーダー育成にも力を入れている。

著書: 『サーバント・リーダーシップ実践講座』『星野リゾートの事業戦略はなぜ社員に支持されるのか』ほか多数。

【アゴラ出版道場、鋭意開催中!】 渡瀬裕哉さん登壇:第2回目のご報告

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑