野党の皆さん、森友・加計問題って大義じゃないの? --- 林 けんいち

2017年10月03日 06:00

民進党YouTubeより:編集部

大義なき解散と野党はこぞって批判しているが、野党にとって今まで散々追及してきた森友・加計問題は国民の信を問い直す程の事ではなかったと言うことなのだろうか?

安倍総理は森友・加計問題の追及を避けるために解散を選んだと批判しているようだが、なぜ解散することが追及を避ける事になるのか全然わからない。むしろ疑惑の最中に国民の信を問う解散を選ぶことは、野党にとっても本来は望むところのはずだ。

自民党も党首を入れ換えて解散戦に挑むというのなら追及を回避したと言われても仕方なかろうが、安倍総裁のまま選挙戦に挑む模様でもあるのだし、総選挙ともなれば党首討論などの機会も様々な番組で行われるであろうし、国会中継よりも遥かに高い国民の注目の中で追及することも可能になる。

野党が散々言ってきたように、森友・加計問題が国民の信頼を裏切る重大な問題であるのなら、それほどの問題が発生したのだから解散して国民の信を問い直すのは当然と言うことになるはずだし、むしろ野党から強く求めることのはずだ。

それを野党が大義なき解散なんて言ったら、自らそれが二階幹事長の言うように「小さな問題」と認めてる事になってしまわないだろうか。

と、ここまで書いておいてなんだが、筆者はこの森友・加計問題を小さな問題とまでは言わないが、政権を揺るがす程の問題だとは考えていない。実際、野党が軒並み自滅している最中に解散総選挙をやって議席と任期を得たいためだけの、まさに大義なき解散だと感じている。

まあつまり、政策論争そっちのけで森友・加計問題を必死に追及してきた民進党をはじめ野党の皆様に一言言いたいだけなのである。

お前達が言うな

林 けんいち
インターネット通信販売・飲食店経営を経て現在はフリーランスの営業・ライター活動に従事。
個人ブログ: 非常識バイアス

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑