立憲民主党は共産支持層に食い込めるか?社民、自由党の今後は?

2017年10月11日 06:00

案外割りを食いそうなのが共産党だ、などと聞くと、選挙の読みが如何に難しいか、ということを実感する。

共産党は、立憲民主党の候補者を支援するためにせっせと自分たちの候補者を下げているようである。
負けることが分かっていても自分たちの組織の拡大や勢力の拡大のために候補者の擁立に奔っていた共産党が、いつの間にかずいぶん融通無碍になっていることに驚いている。

共産党のビラを持って街頭に出ている人たちはお年寄ばっかり、という様子をよく駅頭で見かけたものだが、共産党も組織的には相当弱体化しているようである。
赤旗の購読者も相当減っているのだろう。

まあ、どこの組織も高齢化と組織率の低下に悲鳴を上げているのだが、共産党も例外ではなかったということだろう。
立憲民主党が共産党支持層の受け皿になる、というのはさすがに意想外だったが、ここに来て立憲民主党の健闘ぶりが目立ってきた。

投開票日の22日までどんなことがあるか、まだ何とも言えないが、立憲民主党が共産党氏支持層にどこまで食い込めるか、見ものではある。

今回の選挙は、実に面白い。

蓋を開けるまで、何が飛び出すかわからないところがある。

有権者の選択肢に入らない政党には存在価値がない?

私は、社民党にはもはや政治的な意味での存在価値はない、と思っている。

入れるのなら立憲民主党に潜り込むことだろうが、さて、枝野氏は社民党の人たちを受け入れるのだろうか。

辻元さんや阿部知子さんが首尾よく立憲民主党で立候補出来たようだが、福島瑞穂さんまで立憲民主党ということになってしまうと立憲民主党は旧社会党ということになってしまうので、いくら懐が広く、誰でも受け入れますよ、と宣言している枝野氏でも福島瑞穂さんにはご遠慮願います、と言うところだろうか。

今回の衆議院選挙では、社民党は茅の外である。
自由党も然り。
小沢一郎氏は無所属で立候補するということのようだから、これで自由党もジ・エンドということになる。
有権者の選択肢に入らない国政政党には何の意味もない。

日本のこころも、多分今回の選挙でお終いになる。

民進党も、今回の選挙が終わればなくなるということだろう。

小池さんが、リセットと言ったことは基本的に正しい。

自民党や公明党まで巻き込んでのリセットは出来なかったが、少なくとも野党のリセットは完成した。
残り半分のリセットが進むかどうかは、今回の選挙結果次第ということになる。

リセットがいいことか悪いことかの評価はまだ出来ないが、日本の政治がリセットを求めていることは間違いないところだろう。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年10月10日の記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑