韓国大統領の妄言は許しがたい

2018年03月01日 14:00

韓国大統領府公式サイトより:編集部

韓国の文在寅大統領が3・1運動を記念する式典で奇怪きわまる妄言を発信したという。

毎日新聞の記事を読んで驚いた。

慰安婦問題に関して「加害者である日本政府が『終わった』と述べてはならない」と指摘し、さらに次のようにも発言したという。

「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」

島根県の竹島(韓国名・独島)は韓国固有の領土との認識を示したうえで「日本がこの事実を否定しているのは、帝国主義の侵略に対する反省を拒否しているのと変わらない」とも発言したという。

「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」というのは、日本人が言うべき台詞で、歴史を糊塗し、侵略行為を擁護する韓国大統領の発言であってはならない。

拙著『「リベラル」という病』で詳述したように、慰安婦問題の解決を妨げているのは日本政府でも日本国民でもない。慰安婦であった人々の人権も踏みにじるような形で「反日」を優先させ、日本との「和解」を妨害しているのは、韓国の反日運動家たちだ。彼らは歴史問題を解決しようという意志を持たない。彼らを動かすのは反日という憎悪の一念のみだ。

竹島の問題に関しても、歴史を直視できていないのは韓国だ。竹島は我が国の固有の領土であるにもかかわらず、韓国が不当に占拠を続けている。日本政府はあくまで平和的な解決を求めて、竹島の領有権に関する紛争を国際司法裁判所(ICJ)に付託することを韓国に提案したが、韓国はこれを拒否している。

国際司法裁判所は当事国同士が合意した上でなければ、動けないという仕組みになっている。このために、問題の解決が難しい。

簡単にいえば、泥棒に向かって、被害者が「裁判で決着をつけよう」といってみても、泥棒は裁判に応じないだろう。竹島問題がまさにこのケースだ。誰がどうみても泥棒は韓国で日本は被害者だ。

「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」

韓国の大統領がこういう発言をするのは笑止千万というより他ない。

日本国民こそ「誤った歴史を我々の力で正さなければならない」という気概を持つべきだろう。

「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義
岩田 温
彩図社
2018-01-30

編集部より:この記事は政治学者・岩田温氏のブログ「岩田温の備忘録」2018年3月1日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は岩田温の備忘録をご覧ください。

【岩田温さんイベントのお知らせ】
一般社団法人日本歴史探究会 主催講演会

演  題:徹底解説「日本国憲法」
講演概要:2018年2月17日開催「いまさら聞けない憲法のはなし」の続編講演会。日本国憲法の細部まで徹底解説。

講  師:岩田 温
開催日程:平成30年3月3日(土)
開  場:13時30分
開  演:14時
講演時間:2時間(予定)
会  場:大阪市立難波市民学習センター(OCATビル4階)講堂 (大阪市浪速区湊町1丁目4番1号)
アクセス:【大阪市営地下鉄】御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅下車
【JR】「JR難波」駅上
【近鉄・阪神】「大阪難波」駅
【南海】「難波」駅
【大阪市営バス】「JR難波駅前」下車すぐ

参加費用:一般(先払い) :2,500円、学生(先払い): 1,000円 ※(先払い)はPeatixのみ
一般(当日支払い): 3,000円、学生(当日支払い): 1,000円
日本歴史探究会 会員パスをご利用 可

主  催:一般社団法人日本歴史探究会

お申し込みは
Peatix
Googleフォーム

よりお願いいたします。

お問合せ:メール nippon.rekishitankyu@gmail.com 、TEL 06-6829-7640 、FAX 06-6829-7684
※メール・FAXの場合は、件名または本文に「日本歴史探究会 3月講演会」とお書き下さい。

東京でもイベント開催:3月11日(日)15時から東京・ホテル東京ガーデンパレスで『「リベラル」という病』の出版記念講演会を行います。
詳細とお申し込みは
Peatix
Googleフォーム

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑