ニトリ社長の「運は創るもの」から生きる勇気と希望が湧いてくる

2018年04月11日 15:30

以前、日本経済新聞に連載されたニトリの創業者似鳥昭雄氏の私の履歴書は、30回の連載期間中に大きな反響呼びました。私もブログで紹介しましたが、とにかく漫画としか思えないくらい、破天荒な人生なのです。

その内容を大幅に加筆して、1冊の本にまとめたのがこちらの「運は創るもの」です。

新聞連載には入っていなかったエピソードもさらにたくさん書かれていて、ボリューム2.5倍。さらに、魅力的な内容に仕上がっています。

親から受けた厳しい教育、子供時代の強烈なイジメ、カンニングから貢ぎ物まであの手この手で何とか卒業した大学。これら全てが今のニトリを作っていることがわかります。大変な経験をされていますが、「人生には無駄なものは1つもない」のです。

勉強ができない劣等生だったと本には繰り返し書いていますが、所々に出てくる人生の気づきに、はっとさせられることがありました。

父親に言われた「頭が悪いのだから、頭の良い人を使うか、人がやらないことをやるしかない」という言葉には、ニトリという会社が大きく飛躍するための大切な要素が含まれていると思います。

「短所あるを喜び、長所なきを悲しめ」というのが座右の銘という似鳥社長。社員教育でも、長所を伸ばすことで人材を開発し、会社を成長させる原動力にしてきたのです。その裏には「ロマンとビジョン」を常に持ち続ける粘り強さと、「愛嬌と度胸」で数々のピンチを乗り越えるという幼少時代からの経験が活きています。

読み物として抜群に面白いだけではなく、読み終わった後に、何か自分の中に湧き出してくるものがある不思議な読後感のある本。サラリーマン社長には絶対に書けないような濃い内容がつまった、ビジネスパーソン必読の一冊と断言したいと思います。

<参考図書>
「運は創るもの」 似鳥昭雄

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年4月11日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑