「知っている人」と「やってる人」の間にある「大きな壁」

2018年08月08日 11:30

「知っている人」と「やってる人」には、大きな違いがあります。

例えば、車の運転の方法を知っているのと、車の運転ができることは全くの別モノです。あるいは、経営者にアドバイスしていた著名な経営コンサルタントが実際に会社経営を始めたら、思った通りにうまくいかないといった話を聞いたことがあります。

物事には、知っているだけでは不十分で、実際にやってみないとわからないことが多いのです。

資産運用の世界にも、やったことも無いのに知ってるだけで、勝手に結論を出してしまっている残念な人たちがいます。

逆に実際にやっている人たちは、やっている人たちでグループを作り、さらに経験値を高めているのです。

「A氏の会」という都心中古ワンルームオーナーの集まりがあります。資産デザイン研究所が講師を務めるセミナー(写真)などを通じて、A氏こと日本財託の天田浩平氏のアドバイスで不動産投資を始めた人たちが、年に数回集まっています。

今月も六本木のお店を貸切って、35名の投資家が一堂に会する予定です。まだ不動産投資をはじめたばかりで、1戸だけのオーナーもいれば、30戸近い物件を短期間で購入した人まで投資家層はバラバラですが、「やってる人」という共通点があります。

「やってる人」たち同士が集まってリアルな情報交換をし、それによってまた実際にやった人にしかわからない知識や経験を蓄積していく。こうして情報の格差がどんどん広がっていきます。

A氏の会は、資産デザイン研究所のセミナー開催毎にオーナーになる人が増え、メンバーが増えています。今月のセミナーはこちらこちらも既に満席になってしまいましたが、9月開催のこちらのセミナーはまだ残席があります。

「知っている人」のまま、先入観や偏見で本当のことを知らないまま終わるのは勿体ないことです。「やってる人」になるきっかけをセミナーでつかんでください。

今まで見えなかった新しい世界が開けてきます。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年8月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

 

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑