『新潮45』騒動の示す保守の衰退

2018年09月28日 11:30

月刊誌『新潮45』が休刊(実質的に廃刊)になった。今年(2018年)8月号に掲載された杉田水脈氏のLGBT(性的少数者)についての記事に反発が多いため、10月号でそれに反論する特集を組んだところ、その中の小川栄太郎氏の記事に不適切な表現があり、新潮社の社長が謝罪した。

雑誌の記事について社長が謝罪するのは異例だが、それでも騒ぎが収まらないため、休刊したものだ。もともと『新潮45』は売れ行き不振だったため、この騒ぎをきっかけに休刊したとも考えられるが、「言論に対する圧力に屈した」とも受け取れる悪い前例になってしまった。

朝日新聞批判しかネタのなくなった右派誌

私も2年前に『新潮45』に原稿を書いたことがあるが、当時はあまりカラーのはっきりしない雑誌だった。「45」というのは45歳以上の読者を対象にするということだが、いま紙の雑誌を読む人の平均年齢は60歳ぐらいだから、ターゲットが絞り切れていない。

かつてはルポルタージュを売り物にし、政治的には中道右派ぐらいだったが、1年ぐらい前から「右傾化」が目立つようになった。今年に入ってからの特集はこんな感じだ。

1月号:開戦前夜の「戦争論」
2月号:「反安倍」病につける薬
3月号:「非常識国家」韓国
4月号:「朝日新聞」という病
5月号:北朝鮮「和平」のまやかし
6月号:朝日の論壇ばかりが正義じゃない
7月号:こんな野党は邪魔なだけ
8月号:日本を不幸にする「朝日新聞」
9月号:「茶の間の正義」を疑え
10月号:そんなにおかしいか「杉田水脈」論文

目次だけ見ると『正論』や『Hanada』などの右派誌と変わらない。特に目立つのは、朝日新聞批判を繰り返し特集していることだ。問題の発端になった杉田氏の「『LGBT』支援の度が過ぎる」という記事も「朝日新聞のLGBT支援」を問題にしたものだ。

続きはJBpressで

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 SBI大学院大学客員教授 学術博士(慶應義塾大学)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑