コーヒーが冷めないうちに

2018年09月29日 11:30

最近、映画っていいなと思います。テレビやインターネットの動画などと比べても、圧倒的に手間暇をかけている。そして映画館という場がいい。とかく”ながら”が多い現代で、スマートフォンをオフにして集中する。

映画『コーヒーが冷めないうちに』公式ツイッターより:編集部

今月のお勧めは、「コーヒーが冷めないうちに」

コーヒー店から、過去や未来に行くというお話。タイムトリップを扱うものは、筒井康隆さんの「時をかける少女」、宮部みゆきさんの「蒲生邸事件」などたくさんありますが、本作は、コーヒーが冷めない間だけタイムトリップできる、コーヒー店で会った人だけ会える、そして、起こったことは変わらないなどさまざまな制約があります。

しかし、制約があるからこそ感動が生まれます。

起こったことは変わりませんが、当時聞けなかったことを聞く、伝えきれなかったことを他伝えることで、気持ちが変わります。気持ちが変われば未来が変わります

恋愛関係、兄弟関係、夫婦関係、そして親子関係。そのどれもがピュア。意外な展開も面白かったです。

もう少し知りたい!
助役も課長も経験した僕の「生きる」論
●万引き家族

<井上 貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年9月29日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑