多言語化が進む伏見稲荷大社のおみくじ

2018年12月03日 11:30

日本の美しさ・奥深さを再発見する旅。
今回は、京都の伏見稲荷大社に行ってきました。

伏見稲荷大社と言えば、社寺が多い近畿地方の中でも、最も多くの初詣客を集めたこともあり、千本鳥居が有名。山頂までは片道1時間ほどかかります。

外国の方が多いという印象でしたが、山頂のおみくじに驚きました。

日本語、韓国語、中国語、英語はもとより、タイ語、ベトナム語、タカログ語(フィリピン語)、フランス語、スペイン語、ロシア語の10カ国語に対応していました。

小さい時から、外国人と接するのが当たり前の環境で育った子供たちがどのような大人になるのか、とても楽しみです。

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年12月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑