映画「かぞくいろ」「あまのがわ」「夕陽のあと」

2018年12月27日 16:00

松山に来てから、映画をよく見ている。

大きな画面、良質な音。映画は、たくさんの動画の中で、圧倒的に手間と暇をかけている。そしてスマホ禁止。「ながら」ではなく、没頭することができる。

今年1番感動したのは、「ボヘミアンラプソディー」。Queenのことをあまり知らなくても、良質な音楽、栄枯盛衰、家族、友人の繋がりに感動がこみあげてくる。

「ボヘミアンラプソディー」に負けず劣らず良かったのが「かぞくいろ」。

鹿児島、長島町、熊本、博多_181227_0040

夫の突然の死をきっかけにシングルマザーとなった昌(有村架純)は、連れ子の駿也と共に、夫の故郷である鹿児島へ。運転士の仕事一筋で生きてきた義父と3人で暮らし始める。

愛する人を失った”ふぞろい”な3人の家族の再出発の物語だ。

©️2018「かぞくいろ」製作委員会

映画には、大きな力がある。慣れ親しんだ光景を見ると、ますます感動する。

来年は、鹿児島を舞台にした映画も多い。
1月からは、遠隔コミュニケーションロボットOriHimeを取り上げた「あまのがわ」。

43669724_216261422621105_522660780772950016_n

更に、秋に公開される長島大陸映画「夕陽のあと

DSCN1576

総勢300人を超える町民エキストラが出演。全国有数の出生率(2.10)を誇る子育ての島・長島を舞台に、子育てをテーマにした映画。

主演の貫地谷しほりさんの熱演にも期待。長島のことをあまり知らなくてもきっと感動するはず。「夕陽のあと」公式ホームページは、こちら

制作費の一部をクラウドファンディングで集めています。

エンドロールに名前が掲載されるなどします。皆様もぜひ!

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年12月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑