フローレンスは就活でパンプス履いて来なくてOK宣言します!

2019年03月17日 06:00

ふと、Twitterでこんな呟きが流れてきてビックリ。

痛そう・・・。

僕は大学卒業してすぐにフリーターになってNPO立ち上げたから、就活ってしてないので分からないのですが、どうやらパンプス着用が不文律になっているみたいで。

巷では、女性にパンプスやハイヒールを履くことを迫る「ビジネスマナー」に異議を唱える動きもでてきているようです。

パンプス強制に疑問投げかける「#KuToo」運動 男性からは反論も

女性だけが働きづらく、けがにもつながるパンプスを強制される職場っておかしいのでは――。そんな疑問を投げかける「#KuToo」運動が共感を集めています。ハッシュタグは「靴」と「苦痛」をかけたもの。同じようにヒールで働くのがつらい女性からの切実な声が集まっています。ネット署名を呼びかけているグラビア女優・ライターの石川優実(32)さんは「『マナーだから』と同じ職場で女性だけ靴を強制されるというおかしさに気づいてほしい」と訴えます。

こんな働く人を苦しめるビジネスマナーは要らない!!ということで、我が社フローレンスは「就活でパンプス履いてこないでいいよ」宣言をします。

もちろん、「パンプスを履いてきてはいけない」ではありませんから、パンプスが好きならパンプスを履けばいいですし、他の説明会や面接からパンプスで来てもらっても全然問題はありません。

面接ではパンプスだからどうこう、で人を見ていませんし、もともとフローレンスでは「面接の服装は自由でいいです」と謳っているので、特別何か変えるわけではないのですが、雇用する側が態度を明確に発信するのって大事だと思うんですよね。

実際、「服装は自由でいいです」と言っても、やっぱりリクルートスーツで来る人は半分くらいいて。

「とは言うものの・・・」っていう感じなんだと思います。

だから、こちら側がしつこく言って、「いや、本気でそうなんです。まじで」っていう態度を示し続けないといけないんだろうな、と。

そして、こういう宣言をする企業が広がっていけば、人を幸せにしない「ビジネスマナー」は廃れていってくれるのではないか、と思うのです。

そんなわけで、繰り返します。弊会フローレンスの就活では、パンプス履いて来なくて良いですからね!!!

フローレンスの面接では、あなたそのものを見ています!

そして今、業務拡大につき、絶賛スタッフ募集しているので、みんな楽な靴で面接に来てね!!

フローレンスの採用情報


編集部より:この記事は、認定NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏のブログ 2019年3月16日の投稿を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は駒崎弘樹BLOGをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス代表理事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑