日本国紀:10の売れた理由と10の重大疑問

2019年03月24日 17:00

『日本国紀』を解説した『「日本国紀」は世紀の名著かトンデモ本か』(パルス出版)が明日、発売される。主要書店ではすでに並んでいるのではないかと思う。ただし、友人の小さな出版社から出したので、大きな書店か通販を利用していただいたほうがいいと思う。

Amazon書影、BS朝日サイトより:編集部

さて、この本を巡っては、いささか漫画チックな呉座勇一氏との場外乱闘を繰り広げているが、本日は、それを離れて、『日本国紀』そのものの総括だ。そもそもの論点は、日本人の歴史観にかなり大きい影響を与えるであろうこの本の意味を正しく評価し、逆に、この本による歴史観の歪みを少しでも修正したいからだ。

『「日本国紀」は世紀の名著かトンデモ本か』では、『日本国紀』の内容について、細かく論点を批評して簡単な日本通史としても読めるようにしているが、この大ベストセラーの意義と問題点もできるだけ公平に取り上げた。

以下、その要点について書いておきたい。

『日本国紀』はなぜ大ヒットしたのか

この本が大ヒットしたのは、なにも出版社の宣伝がうまかったからだけではないのは、某氏の『応仁の乱』と同じだが、理由は以下の当たりに集約されるだろう(以下の点を私が評価しているかどうかは別にして、なぜ売れたかの分析である)

①日本人は、日本が嫌いになるような日本史より好きになるような日本史を求めていた

②客観性にこだわってああだこうだ書くより作者の主観に徹したことの気持ちが伝わる

③「日本という国」という突き放したものでなく「自分たちの国」の歴史が描かれている

④帝王や政治家と庶民の描き方のバランスがよい

⑤平成についての項目を設けるなど過去と現在を上手につなげている

⑥保守派の極端な主張が炸裂というほどでなく戦中・戦後以外は以外に穏当である

⑦最近の世論が保守化しているといわれるが、反対に歴史学会などは反日の度を先鋭化しているという主張は説得力がある

編集者の有本香氏は、以上のような点を、以下の3点に集約しているが、妥当な見方であろう。

⑧変更した日本の歴史観を根源的に見直したい

⑨百田尚樹という作家が魅力的だ

⑩平成から新しい時代への御代代わりの時期に相応しい

以上のような美点があればこそ売れたし、また、読んだ人の多くに好評であり、実際、同じベストセラーでも「応仁の乱」よりは全部読んだという人の割合が高いのには、それなりの理由がある。

百田先生、このあたりは賛成できません

私はこの本は『日本書紀』ではなく『古事記』の現代版だと評している。『古事記』は主観的に日本人の歴史観を書いたもの。『日本書紀』は国際的な支持を狙ったものだからだ。もし、これが『平成日本書紀』なら、以下のあたりは目的にそぐわない。

①万世一系を否定している

②大和朝廷が任那を領土とし百済を従属的な友好国としていたという歴史的な主張を否定し、かなりのちの時代まで九州王朝が主体でないかとし、百済を植民地のようなものだったとしている

③足利義満暗殺説など陰謀史観的な記述が多い

④日蓮やその宗派とか陽明学とかが出てこないなど宗教や思想についてアンバランス

⑤江戸時代の封建制や鎖国のデメリットへの認識が不十分

⑥尊王攘夷が維新の原動力となったことの意味を理解しておらず極端にアンチ長州である

⑦学校制度が典型だが明治維新と文明開化への評価が極端に低い

⑧さきの戦争について、「日本だけが悪いわけでない」ならともかく「日本は悪くない」に傾きすぎて海外で修正主義の烙印を押されるリスクが高い

⑨ジャパン・アズ・ナンバーワンの時代について暗黒時代がごとき評価になっている

⑩日本人の国防意識の低さへの批判は正当だが、それを占領軍の責任に押しつけすぎ

以上のような点の詳細を本書では解説している。そういう意味で、懐疑的な面の記述が量としては、ほとんどだが、それは、誉めるのは総論的なもので十分だろうという観点からであって、私としては、この本は、ニュートラルに議論の素材を提供することが目的で書いたものだ。

それを、擁護するタネにするか、批判の材料にするかは、どちらにもできるだろうと思う。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑