【おしらせ】アゴラ経済塾「長期停滞の時代」第2部

2019年06月14日 16:00

アメリカ経済 成長の終焉 上大好評で受講生がアゴラセミナー史上最多になった、アゴラ経済塾「長期停滞の時代」の第2部です。世の中の関心が短期的な景気から年金などの長期の問題に移り、「年金が2000万円足りない」という問題が騒がれています。団塊の世代が社会保障を「食い逃げ」すると、現役世代には高負担・低福祉が残されます。

1990年代から世界経済に起こった最大の変化は、情報革命グローバル化でした。インターネットは情報を民主化しましたが、それが生み出したのはグローバル独占でした。これによって資本主義は大きく変質し、グローバルな水平分業と規模の経済が極大化したのです。

GAFAのような独占企業が高い収益を上げる一方、先進国の労働者は新興国との競争にさらされ、格差が拡大しました。成長率やインフレ率や長期金利も、2010年代に大きく低下しました。

この歴史的な転換期に、安倍政権は量的緩和などの短期的な政策で時間を空費し、生産性は低下して停滞は長期化しています。成長を前提にしてつくられた社会保障が行き詰まり、世代間格差も拡大してきました。

7月からのアゴラ経済塾ではグローバル資本主義の歴史を振り返って21世紀の世界経済を考え、日本が「停滞先進国」になったのはなぜか、それは資本主義の宿命なのか、それを脱却する道はないのかをみなさんと考えます(第1部は聞いていなくても大丈夫です)。

授業はすべてインターネット中継するので、全国の(あるいは海外の)みなさんも視聴できます。録画をあとから見ることもできます。

講師:池田信夫(アゴラ研究所 所長)

テーマ(例)

  • 先進国の成長は終わったのか
  • 日本はなぜグローバル化に失敗したのか
  • 格差は拡大するのか
  • 人工知能で雇用は失われるのか
  • 社会保障は持続可能なのか
  • 長期停滞は脱却できないのか

など受講生のみなさんの関心に応じて決めます。

テキスト

など随時指定します。

開催日:2019年7月5日から毎週金曜日(全12回)
7月5日・12日・19日・26日
8月2日・9日・23日・30日
9月6日・13日・20日・27日

時間:19:00~20:45(手づくりの軽食つき)。懇親会もあります。

場所Katanaオフィス渋谷(東京都渋谷区渋谷3-5-4 渋谷3丁目スクエアビル2階)会議室(渋谷駅16c出口5分)

定員:15名(先着順で締め切ります)。インターネットによる視聴は無制限(Facebookのグループで質問できます)。

受講料

  • 3ヶ月12回分:6万円(消費税込み)
  • 2019年4月期のアゴラ経済塾(教室受講)から継続する受講者:5万円
  • 女性・学生・インターネット:3万円(ネット受講者も1回は会場で受講できます)

お申し込み方法専用フォームに必要事項をご記入いただき、フォーム記載の弊社口座へのご入金をもって手続き完了です。

主催:株式会社アゴラ研究所

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑