N国は“悲願”の日曜討論出演ならずか?NHK排除示唆で物議

2019年07月25日 17:01

NHKから国民を守る党(N国)が21日投開票の参院選で議席を獲得し、政党要件も得たことにより、ネット上では、N国が今後NHKの番組に出られるかが注目されている。

N国の立花孝志代表(YouTubeチャンネルより:編集部)

日刊ゲンダイによれば、NHKは参院選の結果を受け、22日に各党代表に議論してもらう「徹底討論 有権者の審判にどう応える」を放送したが、政党要件を満たしたN国と「れいわ新選組」「社民党」の3党の代表が不在。

NHKは番組へ出演条件として、「得票率2%以上」か「党所属国会議員が5人以上」のいずれかという政党要件ではなく、その両方を満たすことを挙げていた。

その理由などに関する問い合わせに対し、NHKは「報道機関として自主的に判断」と回答したという。

また24日付の産経新聞は、N国が政党要件も満たしたことに関連するNHK総局長らの発言を紹介。

24日の定例会見でNHKの木田幸紀放送総局長は、

「受信料を支払っていない人は見られない有料スクランブル化は、NHKが果たすべき公共的役割や機能を根本から毀損(きそん)する恐れがある。

「受信料制度やその公平負担について、誤った理解を広めるような行為や言動については、きちんと対応し、明らかな違法行為は放置せず、厳しく対処したい」

と説明。

また、今後の「日曜討論」などの番組に出演する可能性について、編成局の担当者は、

「与野党同席の場合、選挙結果や国政への参加の状況などを踏まえて、報道機関の自主的な編集権に基づいて判断する」

と話したという。

こうした報道に対しジャーナリストの畠山理仁氏は、「N国を呼ばず、フリーランスの記者もNHK内の記者会見に入れないのに、公共放送を名乗るから受信料でもめる」と、“公共”をめぐるNHK側のスタンスの問題を指摘。

またネット上でも、「国民の怒りが全く分かっていない」「選挙、国会議員、国民の意思よりもNHK放送総局長の方がエラいのか?」などと怒りの声が上がっていた。

NHK に対する国民の怒りが全く分かっていないようですね。NHKを叩き潰しましょう。

ひどい話ですね。 NHK放送総局長って何様なんですかね。 選挙、国会議員、国民の意思よりもNHK放送総局長の方がエラいのか?

さらに、対韓輸出管理をめぐる24日の世耕経産相によるNHKニュースへの反論を踏まえてか、

「反日プロパガンダに使われるのが我慢ならん」「NHK許すまじ」といったNHKの報道姿勢への不満が爆発していた。

受信料が反日プロパガンダに使われるのが我慢ならんのですよ (´・ω・`)

世耕大臣GJ😊👏🏻👏🏻👏🏻 NHK許すまじ

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑