小泉環境相へのアシスト、そろそろ細野さんの出番?

2019年09月19日 06:00

求められているのは、課題解決型政治家だろう

維新が大きく得点したようである。

トラストミーなどと、大口を叩かないで、現実的解決策を提示しているように見えるところがいい。首長の発言だから、その発言は如何にも重く、かつ実行可能性が伴っているように思われる。

NHKニュースより

些かも荒唐無稽さが感じられない。
小泉進次郎氏にとって如何にも強力な援軍が現れたような感じである。

これまでちょっと小泉進次郎氏を突き放して見ていたようなアゴラだったが、微妙にスタンスを変えたようである。大阪の松井氏の提案をさらにブラッシュアップしたような新たな提案をしている。

そろそろ国民民主党の皆さんも発言されてみては如何だろうか。
政治家の皆さんの知恵の競演を是非見せていただきたい。

知恵がない方は、黙っておられていい。
知恵がない方は、知恵のある人の活動の妨げにならなければ、ずっとそのままでいい。

現役の国会議員の中で、どなたが知恵がある国会議員か見極める格好のチャンスが到来したようである。

目下は、維新の皆さんが一歩だけリードしている。
いつまでこのリードが続くか分からないが、悪いことではない。

そろそろ細野さんから一言あってもいい頃かな

細野豪志氏は、日本の将来を託すに足りる保守の政治家として私が予てから目を付けていた国会議員の一人であるが、現在は二階派に所属し、自民党入りを狙っていることは皆さん、ご承知のとおりである。

環境相時代の細野氏(環境省サイトより:編集部)

まあ、非力な野党陣営にいたままでは政治家としての自分の力を発揮できない、と早々に野党に見切りをつけたこと自体は決して非難できないが、自民党に対峙できるような新しい穏健保守の政党を作る必要がある、と思っていた方々には相当の打撃だったろうと思っている。

政治家として国民の役に立ちたいなら、今は自民党に所属した方がいい、という判断はあながち間違いではない。

野党でも、少しでも政治を動かすポジションに就いていれば、それなりに遣り甲斐、生き甲斐があるだろうが、細野氏は希望の党の失速や民進党の分裂の過程でどうやらその遣り甲斐、生き甲斐を存分に味合うポジションを失ってしまっていたようだから、これはこれで仕方がなかったのだろうと思っている。

自民党の会派に所属しているようだが、細野氏が自民党に入党出来るかどうかは相変わらず不明なようだ。

これはこれで仕方がない。
実に中途半端な状態に置かれているが、すべてはご自分の選ばれた道である。
いいことも悪いことも引き受けるしかない。

しかし、だからと言って、いつまでも黙っているのはよくない。

政治家としての自分の知見、識見を今こそ存分に発信されるべき時ではないか。
環境大臣の小泉進次郎氏が現実に援けを求めているかどうか知らないが、そろそろ経験者の細野氏の出番が近いように思う。細野氏しか知らないことがあったはずだ。

細野氏の知見や識見が本当に役に立つかどうかは分からないが、役に立つとしたら今だろう。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2019年9月18日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑