「米国が日本をえこひいき」決めつけて嘆く親韓学者 --- 古森 義久

2019年10月02日 11:30

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

「日韓対立のそもそもの原因は、米国政府が日本を韓国よりも大切にしすぎたためだ」――米国の歴史学者がこんな独自の見解を表明した。「だから日韓両国は米国を非難すべきだ」とも主張する。

この歴史学者は一貫して韓国を支援し日本を非難してきた人物である。ところがこの見解には日本への非難がない。現在の日韓対立の原因を日本側に帰することは、韓国びいきの学者にとっても難しくなったということなのか。日韓対立が国際的な波紋を広げ、米国の対応にも注目が集まるなかでの米側の面白い動きの1つと言えよう。

ダデン氏と韓国の親密な関係

この見解を発表したのは米国コネチカット大学教授のアレクシス・ダデン(Alexis Dudden)氏だ。朝鮮半島や日本の歴史を専門に研究してきた女性歴史学者である。

ダデン氏は、日本と韓国の間での歴史認識関連の対立に関して常に日本糾弾を鮮明にしてきた。2000年の「女性国際戦犯裁判」では主宰者の1人となり、昭和天皇を有罪とする“判決”を下した枢要の活動家だった。2007年の米国下院の慰安婦問題に関する日本政府非難の決議でも推進役の一員となった。慰安婦問題では、「性的奴隷」「日本軍による強制連行」「20万人が犠牲」など朝日新聞の誤報と歩調を合わせる形で日本叩きを続けてきた。

続きはJBpressで

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑