台風でも営業するコンビニ、休業するスタバ

2019年10月12日 11:30

毎朝の日課になっている近所のスタバでのコーヒータイムですが、今日はお店の前に行ってみると台風の影響で臨時休業でした。

スタッフの確保が難しかったり、通勤の安全性を考えての経営判断だと思います。仕方がないので、同じビルの地下にあるコンビニエンスストアに行ってみました。こちらはいつもと変わらないように営業中でした。セルフサービスのコーヒーを買って、お店の前の椅子に座って、新聞を読みながらコーヒーを飲んでいます(写真)。

台風の影響もあってか、いつにも増して人気が無く、静かなフロアです。

100%外食生活の私にとって、台風でほとんどのお店が閉まってしまうと、コンビニエンスストアはライフラインといっても過言ではありません。

以前は、コンビニエンスストアは絶対に開いているという信頼感がありました。大晦日でも簡単でも「開いてて良かった」がキャッチフレーズだったのです。しかし、最近は風向きが変わってきました。従業員の安全性等を優先し、無理に営業しない方向になっています。

計画運休で運転を取りやめてしまう公共交通機関と同じ流れです。無理に営業して、万が一事故を起こし、世論からの批判を受けるリスクを考える企業が増えているということだと思います。

そこで昨日は、万が一近所のコンビニエンスストアが閉店する最悪の場合も想定して、おにぎりやゆで卵などの食料品を買っておくことにしました。

今朝はコンビニ営業は営業していて、コーヒーは買えましたが、このお店では、おにぎりもサンドイッチも全て売り切れていました。保存の効かない商品の品揃えは、買い溜めしている人もいるせいか、いつもよりかなり少なくなっていました。

午後から夕方にかけて、東京も暴風雨域に入ることが予想されています。食料の確保をした上で、今日は室内でのんびり過ごす方が良さそうです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑