外国人の急増で東京はこれからどうなる?

2019年10月27日 14:00

日本経済新聞電子版の記事によれば、出入国在留管理庁が発表した2019年6月末時点の在留外国人数は、282万9416人でした(図表も同紙から)。

在留外国人とは短期滞在者(3か月以下)を含まない永住者や中長期在留者、留学生などを指します。ホテルや旅館に滞在する旅行者ではなく、アパートやマンションに定住している外国人ということです。

わずか半年で3.6%も増え、図表のように2012年末から7年連続の増加です。今や日本の総人口の2.24%を占めるまでになりました。

都道府県別で在留外国人が最も多いのは、東京都で60万人近い人がいます。東京都に愛知県、大阪府、神奈川県を合わせると、全体の半分近くになります。

この人口集中は外国人だけの現象ではありません。総務省の人口移動報告によれば、2018年の住民票の動きを見ると、東京、神奈川、千葉、埼玉だけで13万9868人の流入超となっています。しかも15~29歳の若年層が12万7393人と大半を占めています。東京を中心とする都市部に人口集中が進んでいることがわかります。

このような都市への人口流入は世界的な傾向です。日本では東京オリンピックもあり、東京への人口集中がさらに加速する可能性が高いと予想します。

一極集中には、リスクもあります。しかし、東京にインフラ投資が集中し、利便性が高まれば高まるほど、東京に人が集まり、不動産価値が上がる。このスパイラル現象は、当面続きます。

そのような環境下での失敗しにくい資産運用を具体的方法をこちらのセミナーで、実践者M氏が体験談を赤裸々にお話します。お金の不安を抱えて、悩んでいる方にヒントとなる具体的なアクションプランがきっと見つかります。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑