日本の核武装はあり得るか?米国で専門家が議論 --- 古森 義久

2019年10月30日 11:30

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

日本は独自の核能力を開発する意図があるのか――つい最近、米国のアジア専門家集団の間でこんな議論が展開され、その内容が公表された。

日本は自国を取り巻く国際安全保障環境が厳しさを増すなか米国と離反することをいとわず、核武装へと向かうのではないか、という仮説が提起されたのだ。

日本にとっての国際情勢は、米国から見てもそれほど危険を感じさせる状況だということだろう。

北朝鮮の寧辺(ニョンビョン)核施設。核実験で用いる核物質を生産していた(出所:Wikipedia)

北朝鮮の寧辺(ニョンビョン)核施設。核実験で用いる核物質を生産していた(出所:Wikipedia)

危機に直面した日本の対応を討論

米国で「日本の核武装はあり得るのか」という疑問が取り沙汰されていることについて、日本側としては「なぜ、いま?」と当惑することだろう。だが、米国でこの問題をめぐる討論の舞台となったのは、ワシントンで最も伝統があり、最も規模の大きい民間研究機関のブルッキングス研究所である。しかもその討論に参加したのは、実績があり米国で名前を知られた官民の専門家や学者だった。

続きはJBpressで

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑