国内旅行の「忘れものリスト」

2019年11月02日 14:00

今週の札幌への視察旅行は、久しぶりの国内線のフライトでした。

写真AC:編集部

海外に比べ、国内のフライトの方が気楽で、準備が少なくて良いように思えますが、油断すると国内ならではの必需品を忘れてしまうことがあるので注意が必要です。

日本航空のフライトを予約しておいたのですが、今回搭乗の時に気が付いた忘れ物が、マイレージカード(クレジット機能付)です。

メールで送られてきた二次元バーコードを見るのに必要なお得意様番号がマイレージカードに書かれています。国内旅行なのでパスポートと一緒に保管していたのが、忘れてしまった原因です。結局、写真付き身分証明書(免許証)を見せて搭乗券を発行してもらい無事に乗れました。

ただし、忘れ物のせいで、ラウンジにも入ることができなくなってしまいました。

また、地方に行くとクレジットカードが利用できないお店の比率が高まります。札幌で入った地元のお寿司屋さんでも、やはり現金のみの支払いでした。

海外では屋台などを除けば、ほとんどのお店がVISAかマスターのいずれかは使えます。現金は、海外よりむしろ多めに持って行った方が良いと思いました。

更に、現地でレンタカーを借りたりすることもあるかと思います。その際に忘れてはいけないのは、免許証とETCカードです。

免許証は持っていないと、そもそも車が借りられません。ETCカードはレンタカー会社から借りることもできますが、有料なので持っていった方が良いでしょう。

という訳で、次回国内旅行するときのために、忘れ物リストを備忘録として残しておきます。

<国内旅行忘れ物リスト>
マイレージカード
現金
免許証
ETCカード

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年11月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑