俺たちのレゴさんがやってくれたお!レゴブロックを子ども達にXmasプレゼント

2019年12月26日 06:00

子育て家庭だったら誰もがお世話になる、LEGOブロック。

このLEGOブロックを製造・販売されているレゴジャパン社さんから、全国の「こども宅食」にLEGOブロック合計916セットをご寄付頂いたんです。

これは嬉しい!

しかも、Starwarsの戦闘機、Xウイングなど、大人気セットを5種類!

画像3

いやー、本当にありがたい。

そして、この916セットを、文京区・佐賀・宮崎・長崎・新潟のこども宅食を通じて、クリスマスプレゼントとして配ったわけです。

画像4

もう、みんな大喜び。

ご家庭からの声

感想が泣けてきます。

画像3

家計が苦しいので、我が家では子どもに
「サンタさんは世界中の子どものところへ順番に回っているから、毎年はこないんだよ。今年はサンタさんは来ないんだよねえ」
と伝えていました。

でも、今回、大きな箱のレゴブロックを頂き
「サンタさん来たーーー♪」と我が子は目をキラキラさせていました。

「サンタさんは忙しいから、宅配屋さんにプレゼント渡すのを頼んでくれたんだね」と大喜び(笑)

「いい子になってもっと何でも頑張る」とすぐに箱をあけて遊んでいました。食品だけでなく子どもに夢と希望をありがとうございます。

食品の配送だけでないこども宅食

こども宅食は、基本的には企業からご寄付いただいた食品を配るのですが、今回のようにおもちゃを配ったり、サーカスや音楽会・スポーツの試合等のチケットを配ったりすることもしています。

というのも、宅食を通じたアンケートで、所得が低い家庭においては、海水浴や観劇等、文化的な体験が一般家庭と比較し、圧倒的に少なくなってしまう、という結果が出ているためです。

多様な体験は、後の人生を決定する心の栄養になります。そこで格差ができてしまうのは、なんとしてでも防がなくてはいけません。

こども宅食は、食品だけでなく、子どもと親に機会と希望を配送していく全国インフラになっていきたいと思います。

レゴジャパンさん、本当にありがとうございました!!

<追記>
詳しく知りたい、という方はこちらの記事をぜひお読みください。

全ての子どもたちに希望と未来を切り拓く力を!―「レゴブロックを全国の親子にXmasプレゼント」の舞台裏―


編集部より:この記事は、認定NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏のブログ 2019年12月25日の投稿を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は駒崎弘樹BLOGをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス代表理事

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑