大澤昇平氏、ついに東大を懲戒解雇も「処分不当」と反発

2020年01月15日 20:00

ツイッターで中国人に対する差別的な言動をして炎上した東京大学大学院情報学環の大澤昇平・特任准教授は、大学側から懲戒解雇処分を受けたことが15日わかった。東京大学が同日、処分結果を公表した。

懲戒処分の公表について(東京大学ニュースリリース)

Wikipedia、大澤氏ツイッターより

大澤氏の騒動を巡っては、東大が11月に調査委員会を設置(11月28日 リリース)、処分内容の検討を進めていた。この日発表された処分内容によると、大学側は下記の5つの事案を認定した。

(1) 国籍又は民族を理由とする差別的な投稿
(2) 本学大学院情報学環に設置されたアジア情報社会コースが反日勢力に支配されているかのような印象を与え、社会的評価を低下させる投稿
(3) 本学東洋文化研究所が特定の国の支配下にあるかのような印象を与え、社会的評価を低下させる投稿
(4) 元本学特任教員を根拠なく誹謗・中傷する投稿
(5) 本学大学院情報学環に所属する教員の人格権を侵害する投稿

1〜3は中国関連だが、4で中傷した元本学特任教員は、ウィニーの開発者で知られた故・金子勇氏とみられ、大澤氏は一方的に「犯罪者」と断じていた(金子氏はウィニー事件で起訴されたが、最終的に無罪判決で確定している)。

東大側は声明文の中で「東大最年少准教授」の肩書きのもとに国籍差別や大学関係者らを誹謗中傷したことなどについて、

東京大学の名誉又は信用を著しく傷つけたことは誠に遺憾です。このような行為は本学教職員として決して許されるものではなく、厳正な処分をいたしました。東京大学としては、その社会的責任にかんがみ、今回の事態を厳粛に受け止めております。

などとする見解を示した。

東大の処分結果に対し、大澤氏はこの日昼、ツイッターを更新し、「処分は不当だ。 日本の AI 技術の発展を軽んじ、アジア諸国の多様性を重んじた東大の対応は明らかに間違っている」と反発してみせた。

これには

自分がやらかしたこともわかってないのか・・・。

不当じゃないです。ちゃんと文章読んで理解できてます?外国人でも理解できる文章でしたよ。

などと大澤氏に批判的な書き込みも相次いだが、意外にも

意味不明なポリコレが蔓延していますね。ここまで来ると大澤氏を応援せざるを得ない。

これで、ますます東大は怪しい、と判明です。東大は中共の手に堕ちましたか

といった同調や応援コメントもあり、大澤氏への反応も「分断」している状況だった。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑