「東京ラブストーリー」リメイク報道に、ネットで違和感続出

2020年01月24日 14:01

平成初期に一世を風靡したフジテレビ製作の恋愛ドラマ「東京ラブストーリー」のリメイク版が29年ぶりに製作されることが明らかになった。局側が24日、発表した(プレスリリース)。

「東京ラブストーリー」の原作は柴門ふみさんの同名漫画。ドラマのオリジナル版は、織田裕二さんと鈴木保奈美さんが主演を務めた。ネットがない時代とはいえ、平均視聴率22.9%、最終回の視聴率は32.3%を記録するなど「月9」を代表するヒット作となった(視聴率はビデオリサーチ関東地区)。鈴木さんの演じる赤名リカが、織田さんの演じる永尾完治(カンチ)に「カンチ、セックスしよう!」と呼び掛けた大胆なセリフも注目されるなど社会現象となった。

フジテレビの発表によると、リメイク版はキャストは若手俳優たちに一新。地上波での放送ではなく、同局のオンデマンド放送サービス「FOD」とアマゾンプライムビデオで今年春に配信する。ドラマの舞台も2020年の東京に置き換えて描くという。

スポーツ紙などのエンタメメディアはこの日朝から一斉に報道しており、解禁前に各社に周知していたとみられるが、スポニチの配信先であるヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)には、

やめて欲しい。本当にやめて。東京ラブストーリーは、あの時代だから良かった。現代物をやるくらいなら原作通りに、鈴木保奈美と織田裕二でafter25yearsやった方がマシ。

バブル全盛期のドラマだからなあ 今の若者には実感できないんじゃないかな

携帯電話のない時代のスレ違いによる恋の展開を今の時代に再現できないでしょ!

やめろー このドラマをリアルタイムで観ていた世代としては、最高のドラマであった事を「思い出」として残しておいて欲しい

などと辛辣なコメントが次々に書き込まれ、正午時点では、上位に表示されるコメントに前向きなものは見られない「惨状」だった。番組をみていたバブル世代などから、時代背景が異なることへの違和感が大きかったようだ。

ただ、良くも悪くも知名度の高さは裏付けた格好だ。ネット配信に限定した取り組みも含め、視聴率低迷に苦しむフジテレビ側の新たな試みが成功するか注目される。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑