不十分な与党案には、しっかり提案。法改正で法的拘束力と確かな補償を!

2020年03月10日 06:00

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

政府・与党が週内に成立を目指している「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の改正案を巡り、各党の交渉が大詰めになっています。

もちろん我が党は国難に向けて協力を惜しみませんが、足らざるところはしっかりと提案していきます。

維新としては「新型インフルエンザ等対策特別措置法」の改正ではなく、新法制定による対応を提案してきました。

なぜなら現在、最重要課題の一つとなっているのは、「イベントの自粛」に対して法的拘束力(強制力)がない、それに伴い当然、然るべき補償も法的根拠をもって行えないという点だからです。

これは残念ながら「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が新感染症に適用できるように改正しても、解決することができません。

スピードも要求されるこの局面では、新法にこだわるということは致しませんが、改正内容に上記の点を入れるよう強く求めていきたいと思います。

他の野党からは、「緊急事態措置」に国会承認をかける修正が出されているようです。こちらはこちらで、個人的には一理ある提案ではないかと感じています。

今日にも与党案が閣議決定されるはずであり、まずはどういったアウトプットになるのか見定めつつ。

もし法改正が単なる新感染症の要件追加に留まる場合、イベント自粛に対する具体的な補償の枠組みを別途考案する必要があり、プランBとして私も引き続き検討していく所存です。

そして今日10日は緊急対策第二弾の発表ですが、現時点の見込みでは大変残念なことになりそうです…。

財政金融委員会の質疑にもご注目下さい。

それでは、まだ明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年3月9日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑