また言ってるよ。韓国は。

2020年03月16日 16:00

日本政府は9日から、中国と韓国全土からの渡航者の入国制限をスタートさせました。
また、11日からはイタリアの中部北部の地域イランの一部サンマリノからの事実上の入国拒否もスタートしました。

入国制限・拒否の国
3月7日午前0時〜 韓国の大邱と慶尚北道の一部地域とイランの一部地域を入国拒否に指定
3月9日午前0時〜 中国と韓国の発給済みの査証(ビザ)の効力を停止し、事実上の両国全土からの入国拒否
3月9日午前0時〜  あらたにイラン地域を拡大、イタリア中部・北部などの一部地域やサンマリノ全域からの入国を原則拒否
※すでに中国の湖北、浙江両省からの入国を2月から制限

これらは日本の新型コロナウイルス対策ですが、逆に11日現在で日本からの渡航者に対して入国制限をしている国が29ヶ国、仮に日本から行った人が入国できても一定期間は一定の場所で隔離されるような行動制限をしている国が62ヶ国もあります。

入国制限が行われている国(29か国/地域) ※3月11日9時現在
イスラエル イラク インド ガーナ 韓国 キリバス キルギス クウェート クック諸島 コモロ サウジアラビア サモア ジブラルタル シリア ソロモン諸島 中国 ツバル トリニダード・トバゴ トルクメニスタン ネパール バーレーン バヌアツ ブータン 仏領ポリネシア マーシャル マレーシア ミクロネシア モンゴル レバノン

入国後に行動制限措置がとられている国・地域(62か国/地域)
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア イスラエル インド・ケララ州 ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン エクアドル エチオピア ガイアナ カメルーン キプロス キューバ クロアチア ケニア コートジボワール コスタリカ コロンビア ザンビア ジブラルタル ジョージア ジンバブエ スーダン 赤道ギニア セネガル セントクリストファー・ネービス セントビンセント セントルシア タイ 台湾 タジキスタン 中国 チリ トーゴ トルクメニスタン トルコ ナイジェリア ネパール バーレーン パラグアイ パレスチナ ブータン ブルガリア ブルネイ ブルンジ ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ 香港 マカオ マリ マルタ 南アフリカ ミャンマー モナコ ヨルダン ラオス ラトビア リベリア ロシア

残念ですが国際的に日本は新型コロナウイルスの感染拡大のホットカントリーとして扱われているということです。

新型コロナウイルスが発症し、中国で拡大していた1月末にこそ水際対策をやっておくべきだったという政権批判はかなり多くあります。アメリカの場合は、中国から渡航者は中国人も外国人も入国禁止を1月31日に発表、2月2日からスタートさせています。

なぜ日本はこんなに遅くなったのか私の見解では、中国の習近平国家主席が4月に国賓来日をする予定でした。新型コロナウイルスが感染拡大している中でも予定通りかと聞かれて、菅官房長官はこれまで「予定通り」と繰り返してきました。しかし、日中両政府によっ5日に延期が発表されたその日の夜に、先ほどの入国制限が発表されました。だから、中国をはじめとした国々に対する入国制限ができなかったというのが私の見立てです。いずれにしても新型コロナウイルスの感染拡大は現在進行形ですから、政権批判も責任追及も、収束した後にすべきだと私は思います。

さてさっき言った我が国の入国制限以上の措置を取っている対象の国のうち韓国だけが日本に対抗措置をとっています。その対抗措置は日本からの入国を制限するなどなんですけれども、「今、韓国に行ってる場合じゃないですから別にいいや」って感じですよね。

韓国政府が日本に対し以下の入国制限を実施
① 日本へのビザ免除措置と発行済みのビザの効力停止
② 日本からの便の到着空港を仁川、金浦、金海、済州から選択
③ 日本から入国する外国人に特別入国手続きの適用
④ 日本への旅行警報を4段階中2番目の自粛に引き上げ

それにしても3月6日に在韓国の冨田浩司全権特命大使を呼び出して康京和(カン・ギョンファ)外務大臣が「日本側の措置は真に非友好的だけでなく非科学的で、日本政府が客観的事実と状況を直視してこれを早く撤回することを強力に促す」と発言したのを見て私は思わず吹き出しちゃいました。

「客観的に」と日本に求めているわけですが、韓国自身が大邱市と慶尚北道を特別管理地域に指定して封鎖封鎖処置を講じているんですが、客観的に見たら何で日本がそれを受け入れることを無制限でいいんですかね。そもそも韓国に対して入国制限等の措置をとっている国は100ヶ国以上あり、日本の対応は遅かったわけです。中国においては自国が発信源であるにもかかわらず、韓国に対しては日本より全然早く入国制限を開始しました。その時韓国は何も文句を言っていませんし、私が調べたところ、韓国が文句を言ってるのはオーストラリアとベトナム、そして日本ぐらいです。ましてや対抗措置案を打ち出したのは日本だけで、本当にこの国は筋違いのこと日本にはやっていると感じです。

韓流好きのおばさまや若者がいっぱいいますけれども、こういうことだけはちゃんと理解しておいてほしいですね。ドラマや映画、歌やダンスを別次元で楽しむのはいいですが、嘘や捏造の挙句に蒸し返す慰安婦問題、難癖をつけている徴用工問題など、どうにも韓国の政治や政府がやっていることがおかしくて、まともな外交相手ではないということは、皆さん知っておいてほしいんです。
そう、竹島だってあるんですよ。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2020年3月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑