東京オリンピック延期で、今年の夏は「天国」か「地獄」か

2020年03月24日 14:00

2020年の東京オリンピック開催は延期される可能性が濃厚となってきました。

Prachatai/flickr

中止ではなく延期するとすれば、問題になるのは、開催時期をいつにするかです。

数ヶ月ずらすという予想もありますが、コロナウィルスによる感染がいつ収束するかはまだ見えておらず、年内開催は再度延期するリスクもあり、選択は難しいと思います。

逆に延期期間が長くなればなるほど、マイナスの影響が出ますから、2年後、4年後といった案もデメリットが多くなります。まずは、2021年の開催を目指し、水面下で調整を始めている。これが私の予想です。

いずれにしても、予想されていたビックイベントがすっぽりと消えてしまいます。東京の今年の夏はどうなるのでしょうか?

当たり前ですが、まずはコロナウイルスの感染状況がどうなっているかによります。

もしピークを越えて収まっていれば、自粛や自宅待機の反動で、多くの人が外出したり旅行に出かけるのではないかと予想します。それによって現在は大きなダメージを受けているホテルや飲食店は、経営状態が一気に大きく改善するのではないでしょうか。また、もし日本の感染者数が今後も抑え続けられれば、外国人の日本へのインバウンドも復活し、こちらも大きなプラスになります。

今年開催されないことは、追加コストや他のイベントへの影響などマイナス面もありますが、1年後の開催で通常開催以上に大きく盛り上がる可能性もあります。ウイルスによって世界が団結するムードが高まるとイベントとしては大成功です。

一方の、悪いシナリオは、今後日本にもクラスター感染が広がり、東京の非常事態宣言やロックアウトなどの動きが出ることで、本格的な経済活動の回復が遅れてしまうことです。

私は、引き続き後者の日本のコロナリスクを懸念している1人です。そんな最悪のシナリオを回避し、何とか最善の結果になって、明るい夏を迎えたいものです。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年3月24日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑