東京の感染率0.6%! で全く恐くないと分かった新型コロナ

2020年05月15日 16:01

【独自】「抗体検査」東京の献血で0.6%陽性、結果にばらつき(TBSニュース)

厚生労働省は、日本赤十字社が先月、感染の多い東京と感染の少ない東北でそれぞれ500人分ずづ集めた献血の検体を使って、抗体検査キットの性能評価を行いました。関係者によりますと、性能評価を行った複数のキットの結果を合わせると、東京では、500検体のうち最大3検体、0.6%で陽性の結果が出たということです。一方、東北では、500検体のうち最大2検体、0.4%が陽性を示したということです。

これで算出してみます。精度はかなり訳が分からなそうなのであくまでもこれが正しかったらです。

東京都の人口は1400万人。推定される感染者数は
1400万×0.006= 84000人
これにたいして死者数は

212人ですので
212÷84000=0.0025 つまり0.25%です。
インフルエンザが0.1%だから、その2倍程度になるわけです。
参考までに各ウイルスの致死率は
SARS 10%
MERS 34%
エボラ 40%
はしか 先進国で0.1% 感染者の約30%が合併症
B型肝炎 劇症型では致死率は約70%

ここで思いだして下さい。これは以前に紹介した記事

新型コロナ、致死率は0.2%未満か? シリコンバレーで抗体検査

スタンフォード大学の研究チームがシリコンバレーの住人3300人を対象に血液検査を実施したところ、推定2.5%から4.2%が新型コロナウイルスにすでに感染しているとの結果を得た。確認されている感染者の50倍以上となり、致死率は従来の予測よりも大幅に低い可能性がある。

なんと、致死率はカリフォルニアも日本も変わらないということになる。NYは0.5%くらいでもっと高かった。

ではなんで日本は死者が少ないのか!
簡単にいうと

日本ではかかるリスクのある人がとても少ない

ということになります。カリフォルニアでは4月中旬で感染率推定2.5%から4.2%。ニューヨークでは4月27日には14.9%です。なのに東京は0.6%??!!

もっと分かりやすく言うと、日本では新型コロナの感染者が2020年01月20日に出た。当時は全く自粛どころかなにもしていない。ニューヨークの患者第1号は3月1日。しかし20日後には感染者が1万人を越えた。緊急対策として22日にロックダウンです。

日本はと言うと、累計の感染者数はいまだ15908名。1万人に達したのは4月16日です。ニューヨークが20日かかったものが、なんと3ヶ月もかかっている。

NYでは1週間で1万人が日本では3ヶ月!!

これがもしかしたら、日本の死者や感染者数が非常に少ない理由かも!
いままで「日本は欧米と比べて致死率や重症化率が非常に低い」と仮定していましたが、そもそもの感染率がめちゃくちゃ低いとするとBCGまたはわたしが説を唱えている

日本(アジア)の新型コロナ感染者、重症者、死者が欧米よりはるかに少ない理由はHLAと仮定するとドンピシャにはまる

のように、日本人はそもそもコロナに感染しにくい人が大多数ということになります。

もちろん高齢や既存症がある人が密閉空間で大量にウイルスに曝露したクルーズ船などのケースでは感染率は上がるが、一般的な健康体が感染するリスクは非常に小さいということになる。

昨日の専門家会議のリリースの資料でも

めちゃくちゃ早い時期に実効再生算数は鈍化してしまってます。
世界各国ともロックダウンしても患者数が減るのに1ヶ月〜2ヶ月以上かかるのに日本は非常事態宣言が出てすぐに感染者数が低下。明らかにその前から下がっている。つまり

かかるべき人はみんな罹ってしまった

ということになります。もともと日本人に新型コロナにかかる人はほとんどおらず、だからこそこんなに一気に終息した。そう考えるとつじつまが合います。というよりそれ以外は考えられません。仮にわたしがジャーナリストなら、専門家委員会に対して

「どうして日本は欧米より感染速度がこんなに遅いのか」
「GWも夜の街はオープンしているゆるゆるの自粛だったのにどうしてこんなに感染率が下がったのか」

ということを質問します。
日本人はもともと手洗いなどの習慣が…みたいな回答であれば

「なぜ東アジアの国々はこんなに感染者が少ないのか」と数字を挙げます。

人口100万人あたりの感染者数
アメリカ 4,407
スペイン 5,832
イギリス 3,437

シンガポール 4465 ただし外国人労働者が大半(中東?)
韓国 215
香港 140
日本 127
インド 59
タイ 43
ベトナム 3

先日も書きましたがアジア各国のPCR検査数はけっしてすくなくなく、日本よりはずっと多いです。つまり東アジア全体の感染比率がどうして低いのか、日本がこれほど感染率が低いのなら自粛はしても意味がないのではないか。ここを本当に聞いてみたいです。

おそらくいままで、地域によって感染力が違うというようなケースは稀で、だからこそ5/1にリリースするはずがこんなにおくれたのではないかと考える次第です。ほかにどういう説明がつくのか本当に聞いてみたい。

こういう感じのポリウレタンのマスク買ったのですが、めっちゃくちゃ呼吸が楽。普通のタイプだとベンチプレスやると死にそうだが、これだと息ができてめちゃ楽。ランニングにもいいかもよ。


編集部より:この記事は永江一石氏のブログ「More Access,More Fun!」2020年5月15日の記事より転載させていただきました。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑