2週間後に東京はニューヨークになります。というか、なってお願い

2020年08月24日 18:00

わたしが主催しています「21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」では塾生を募集しています。コロナ禍の間、希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ひとりずつ丁寧にやってますよ。※事業・集客コンサルやサイト構築のご依頼も絶賛受け付けております。得意な分野はECサイト構築や商品開発です。実例はこちら

3月頃に「東京は2週間後にはニューヨークになる!!」と騒いでいた皆さんがいましたが、その後、いかがお過ごしでしょうか。

実はニューヨークはこうなっております。

ほぼ、終息!!!

いまだ、1日3〜10人程度は亡くなっていますが、もともとニューヨークの人口あたりの死者数は日本の188倍!!なのでこんなのは日本に当てはめたらほぼゼロです。サンドウィッチマンのギャグです。

東京は


こんな感じですが、まだパラパラと死者が出ますのでこれが落ち着けば晴れてニューヨークになれます。早くなって!!

ところでニューヨークが終息した理由を「PCR検査で封じ込めたからだ」という妄想バカが大量に湧いていて「検査シーヤ派」を形成しています。確かにニューヨークは先進国で唯一といっていい「検査し放題の都市」のようですが、いままでの感染者数は460,460人!! 46万人を隔離したとか本当に信じていらっしゃるの?

ニューヨークの死者は全米第1位で32,967人と飛び抜けて多く、これは東京なら23889人に相当ます。

東京都の死者は350人ですからニューヨークは東京の83倍死んだ

ということになります。これが成功例??

まずニューヨークは検査で封じ込めた論がトンデモなのは、以下の4点で論破できます。とくに4つ目。

1 ヨーロッパの多くの国も終息しているが無症状でも検査するという先進国はない。
2 人口あたりの検査数はルイジアナもニューヨーク(391,762)と同程度だが全然収まってない
3 世界で言うとお金持ちの中東の人口あたり検査数はニューヨークより遥かに多いが全然収まっていない。
4 そもそもニューヨークでは8月上旬にPCR検査の結果で出るまで平均5日かかるということで、その頃にはウイルス出していないから隔離しても全くの無意味。7月末には7日以上かかったという記載あり。7月頭から収まってきたので要するにPCR検査のおかけではない!

ニューヨークの検査会社のページです。8/3時点では結果が出るまで5日(これは検査会社の時間なので+2日はかかる)、

結果、インドは経済回らず国民はパニックで大惨事。

なんでニューヨークは終息したのか

これはもうね。

集団免疫確立以外になにか仮説があったら教えて!!

です。死ぬ人がみんな死んじゃった説は、感染者数も激減しているんだから却下。そして

NY市抗体検査、陽性が27%コロナ、地区により最高51%

コロナは既存の4種類のコロナも抗体ができにくく、できてもすぐ消えるので複数回罹患することがわかっている。NYは2回目、3回目の可能性大だが、2回目以降はB細胞が記憶していて感染と同時に抗体をバリバリ作るので軽症で済み、他人にうつすほどウイルスを放出するとも考えられない。

西浦教授は60%が罹患しないといっていたが、免疫の権威、阪大の宮坂先生はそれを古い考え方と一蹴。Facebookで指摘されていた。西浦先生もFacebookでその指摘を認めていました。この図は宮坂先生のもの

一般に信じられている集団免疫理論はどこがおかしいのか免疫の宮坂先生に尋ねてみました(上)

この記事の中で宮坂先生は、この数値は一定ではなく環境や地域によって異なるとされていたが、16.7%と試算されていた。ニューヨークはそれに十分該当しているではないか。

しかし抗体ができにくく消えやすいと、集団免疫が実際に機能しているか検査数値では判断できない。現象で見るしかないのであります。科学とは現象から法則性を見いだすことなので「仮説だから聞いても意味がない」は非化学的で「十分、有力な仮説だ」というのが正しい?

この集団免疫には、各国の推移を見るといろいろなパターンがある事が分かる。医者でもないのにとか言うヤツがあるが、医者だってこんなケースは初めてなんだから素人と変わりはしない。むしろリサーチャーやマーケッターのほうが数字の変化を見ることはプロなのです。いくつかのパターンにわけて分類してみた。

ここからはオマケです。

死者が完全に終息した、ほぼ集団免疫タイプ

これは大量に死者を出した国や地域に多い。ニューヨークが典型だが、陽性者が再び少し増加しても死者が全く増えない。2週間説は通用しないことが分かる。イタリアも同様な感じ。

イギリスは陽性者はまだ出るものの死者がほとんどでなくなった。


スペインは陽性はまた増えたが死者が全く増えない。日本と似ているがもっと増えない。免疫ができあがって2度目、3度目に罹患してもみんな軽症なのではないか。または日本のように検査を広く甘くしたかどちらかでしょう。


ノーガードだったスウェーデンも同様に、死者がほぼでなくなった。

Sweden considers ending the pandemic
スウェーデンのパンデミックは終わった。集団免疫が確立されたと言えるのではないか的な内容


ドイツも同じ感じですよね。新規陽性は増えても2週間後に死者が増えない。

十分に感染が拡大する前にロックダウンして現在爆発中

典型的な国と州。まずはオーストラリア


感染が拡大するとともに、2週間後に死者も激増。3月のヨーロッパと同じです。感染拡大の2週間後に見事に死者が増え始める。日本の1/4の人口なので、日本なら1日80〜100人死んでいる計算です。


早々にロックダウンして、自粛派には讃えられたハワイ州。経済を再開したとたんに炸裂。こちらもいま始まったばかり。人口が日本の1/100なので合わせると1日3万人もの新規感染者が出て1日300〜400人死んでることになりますね。

これらを見る限り、日本の死者が少ないのは弱毒化したからではないといえると思います。ロックダウン早くて十分感染が広がらなかった地域での再発は、3月のように死んでいきます。医学が進んだから死者が増えなくなったというのはこれらの地域を見るとあてはまらない。オーストラリアは宗主国であるイギリスから情報貰ってるはずだし、ハワイだってアメリカの他州から貰ってるはずでしょ。

実は抑え込んでいなかった??系

PCR信者がPCR検査して抑えたと臆面なくいう韓国ですが・・・・


実はずっと死者が出続けていた。人口が日本の4割だから、1日1〜2人の死者は2.5〜5人に相当する。新規感染者数は人口を合わせると日本とほとんど変わらない。韓国はどこの国のパターンとも違うのでよくわかりません。

中国は各国の空港で陽性判定受ける人が多く、中国政府のことだから隠蔽している感じだし、台湾も

彰化萬人血清抗體檢測報告 喊卡

台湾大が1万人に抗体検査した内容を発表しようとして突然延期。どうも政府の圧力らしい的な・・・・

ということで、東京は2週間後にはニューヨークになるのです。いや、なってくれと祈りたい。東北をはじめとする「絶対罹りたくない」地域がハワイやオーストラリアのようにならないことを祈るのみです。

安くなったのでいまどきGoProHeRo7買いました。今度レポート挙げます


編集部より:この記事は永江一石氏のブログ「More Access,More Fun!」2020年8月24日の記事より転載させていただきました。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑