国会のデジタル改革は議員×官僚の協調が必要で、きっかけは議員サイドがつくるべき

2020年09月26日 11:30

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

ここ最近は毎日のように規制改革大臣らによる「はんこ廃止」「FAX・紙利用の見直し」などのデジタル改革関連のニュースが流れています。

写真AC:編集部

小さなことのように見えて、膨大な作業を発生させているボトルネックの一つですから、世間の関心が高いうちに一気呵成に推し進めて欲しいところです。

こうした文脈の中で、官僚アカウントの方から「党の会議への紙資料持ち込み(紙資料の要求)をやめてもらえないか」との示唆がありました。

各政党は分野ごとに「部会」やプロジェクトチーム会議などが沢山にありまして、官僚の皆さまを呼んでのレクチャー(レク)が頻繁に行われます。

そこで膨大な「説明資料」を官僚サイドが用意することが通例となっており、政党や部会の規模が大きくなればなるほど、出席者の数が増えれば増えるほどその準備にかかるコストは増大します。

手前味噌ながら、日本維新の会はこの点では進んでおり、すでに事前に資料をデータでもらい、共有フォルダにアップして各人がそれを見るという仕組みが徹底されています。

どうしても紙で見たい人は、自己責任で印刷してもってくるという合理的な考え方です。

他にも最近の部会・説明会議はオンラインまたはオンライン併用がデフォルトですし、党員申し込みも印鑑省略・Web完結の申込みが来年には実施予定になっているなど、党内のデジタル改革は着実な進展を見せています。

ただ政党内で完結する内部の会議・手続きであればともかく、議員・官僚の双方にかかわることはなかなか問題解決が困難と言えます。

・政党や議員側にボトルネックがある
・官僚側や行政ルールにボトルネックがある
・その両方

が想定され、大体は三番目の「両方」だからです。

オンラインレクチャーについては、今でこそ当たり前にできるようになりましたが、半年前くらいはこちらから求めても「セキュリティの上の関係」「内規がある」などの理由で省庁サイドから拒否を何度もされました。

参考過去記事:
「そりゃおたくらの問題でしょう」麻生節が炸裂!国会議員と官僚はオンラインで意見交換できる?できない?

一方党内でもオンラインシステムを導入するにあたっては、セキュリティ面を含めていろいろなシステムが比較検討され、浸透するのにも一定の時間は要しました(特に反対意見はなく、かなりスムーズな方だったと思いますが)。

こうした課題は双方が同時に同じ方向を目指しつつ、最後は「政治サイド(議員・政党)」から強めに歩み寄ることが重要なのだろうなと思います。

日々の業務を滞りなく執行することがまず第一のミッションである官僚機構にとって、ドラスティックな改革というのは苦手分野であり、また官僚組織が自分たちで大胆な改革ばかりを推し進めたとしたら、それはそれで自己矛盾になってしまうからです。

官僚からのレクチャー・説明会議におけるペーパレス化・データ共有については、すでに我が党が実施している「前例」があります。

「前例」があるというのは、政党にとっても官僚組織にとってもだいぶやりやすいことだと思いますので、他の大政党・大会派にもぜひ広がって欲しいと願うばかりです。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年9月25日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑