朝まで生テレビは形骸化したバラエティ番組なのか?政治報道の矜持を問う

2020年12月27日 14:00

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は老舗の政治討論番組「朝まで生テレビ!」に物申したいと思います。


テレ朝・朝まで生テレビスタッフの方からの反論・ご意見についてはいつでも歓迎しますし、私の勘違いなどがありましたら謝罪して撤回いたします。

上記Tweetのラインナップを見ていただければわかる通り、あきらかに政治・政党についての話題を議論するにもかかわらず、日本維新の会(と公明党)の議員の出演がありません

これは公共電波を利用して政治報道をする番組として、著しく恣意的であり不公平であると思います。

本件の関係者による見解を仄聞するに、

「朝まで生テレビ!は政治報道番組ではない(≒バラエティ?)ので、必ずしも各党1人ずつという公平中立性にこだわる必要はないと認識している。選挙直前でもないし」

ということのようです(もし違う見解であれば、それも合わせて記載しますのでテレ朝関係者の方はぜひご連絡ください)。

まあ、この番組が単なるバラエティ番組であると割り切るならそうかもしれません。

しかし「朝まで生テレビ!」といえば、政治に興味がある学徒であった私は羨望の目で見ていたものでしたし、政治家として初めて出演できたときそりゃあ嬉しいものでした。親戚にも自慢できましたし。

その政治討論番組の巨頭が、一定の水準を満たす公党を恣意的に呼ばない政治バラエティ番組に堕ちていくのは、個人的にも政治家としても悲しいものであります。

「与党2VS野党2」という言い訳も通じない座組ですし、維新より規模が小さい政党が敢えて呼ばれていることにも違和感を感じざるを得ません。

週明け、党としてどう対応するのかは未定ですが。

政治番組としての矜持を期待し、対応に注視させていただきたいと存じます。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年12月26日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑