「ぺラ行政」と「曲学阿世」- 北村隆司

2009年06月28日 12:30

外貨保有高、国連負担金、GDPなどの指標で世界第2位の地位を占める日本は、経済的には世界にそれなりの貢献を果たして来ました。にもかかわらず、世界の指導国の指定席である常任理事国へ加盟の道は極めて厳しいのも現実です。

日本には「何が物事の本質かを議論し、突き詰めた上で」物事を判断する風土がなく「本質とは関係の無い人間関係や過去の経緯などを拠所として」重大な判断をする悪習があります。(注:斉藤健著「転落の歴史に何を見るか」より) この風土が、世界に通じない日本を生み、常任理事国入りにも苦戦する一因でしょう。


経済大国の地位など夢の夢であった1950年。南原繁東大総長はその年の卒業式で、「平和と全面講和」を熱っぽく説きました。この発言に腹を据えかねた単独講和推進派の吉田首相は「永世中立とか全面講和などという事は、言うべくして到底行われない事」であり、「それを南原総長などが、政治家の領域に立ち入ってかれこれ言う事は、曲学阿世の徒にほかならない」と激しく攻撃したものです。

1950年の流行語となった「曲学阿世」の意味を検索して見ますと「真理を曲げてでも世間の気に入るような説を唱える事」とあります。『曲学阿世』が鳩山邦夫氏の特注用語だったとは知りませんでした。

「バカヤロー解散」や「曲学阿世の徒」などの吉田語録には、何となくユーモアと風格を感じますが、鳩山氏の「冤罪否定発言」、「アルカイダお友達発言」、「ベルトコンベア式死刑執行論」「アメリカ国防省ご馳走ただ食い発言」などには、野蛮さと傲慢さは感じてもユーモアも風格もありません。日本の政治家の質の低下の一例かも知れません。

吉田ワンマン宰相は、毀誉褒貶相半ばした嫌いはあっても、戦後の千路に乱れた国民の気持ちを「戦後経済復興」という天才的な政治課題を掲げて纏め上げた信念の政治家の一人でした。この点が、世間受けを狙って「曲学阿世術」の研鑽に励む昨今の政治家、学者,ジャーナリストとは一味違う処です。

池田先生の「日本の経済学者は何故無視されるのか?」に「日本の政治が政策論ではなく『政局』的な人間関係で決まるので、専門知識が役に立たない。根本的な改革の話をすると『そもそも論はいらない』と一蹴される。官僚にとっては、どんな立派な法案も族議員にOKしてもらわないと意味がないので、『ペラ1枚』でわからない理屈は書かない」という趣旨の指摘がありました。

日本のメデイアは「短く、売りやすい」をモットーに「センセーショナリズム化とタブロイド化」を急速に進めました。メデイアの「ペラ紙化」と言えましょう。世間に媚を売る政治家、学者、評論家の跋扈もペラ紙行政とタブロイド・メデイアが育んだ縮図です。

大金を投じながら、何一つ解決出来ていない国民保険問題や社保庁改革を所管している舛添厚労相の人気が高い理由も、ペラ紙行政と曲学阿世術に長けているからでしょう。

臓器移植法改正を巡る混乱にも、本質論の出来ない政治家の問題が顔を出します。先進各国では、「生と死」の問題に就いて哲学、医学、心理学、宗教学,法学、文化人類学などあらゆる面から焦点を当てて討議を続け、子供にまで考えさせています。

改正法の論議の推移を見ると、「生」とは何か? 「死」とは何か? という人間の本質にかかわる問題を真剣に考えてきた議員の少なさが目立ちます。1997年に衆参両院で膨大な時間をかけて成立した臓器移植法は、1999年に最終改正された現行法に至るまで、紆余曲折を経て来ました。最初の法律可決から12年を経た今日でも「脳死を死と定義するには論議が足りない」とか「社会的合意に至っていない」等、政治家としての怠慢を棚上げして本質とは関係ない論議を声高に叫ぶ議員の姿には、落胆を禁じ得ません。

その間、先進各国では「堕胎」問題を巡る「生命」の定義、母親と「胎児」の権利のバランス、死刑非人道論、安楽死の是非など生命に拘る論議を重ね、時代の流れを反映した価値観の変遷を政治や行政に敏感に反映して来ています。

その結果として、臓器移植手術を海外に頼っている日本に批判が集中する様になりました。日本は臓器の提供そのものが海外に比べて圧倒的に少なく、しかも、臓器提供が認められていない15歳未満の子供の場合、生きのびるには海外に行くしかない現状です。 臓器移植、とりわけ子供を巡る環境は深刻です。

移植学会の資料に依りますと 、米国は主に移植技術がない国や、保険適用がない国を対象に、人道的立場から全体の5%を限度に外国人への移植を受け入れて来ました。ところが、3年前に日本人が枠を独占して顰蹙(ひんしゅく)を買った以降、日本人の受け入れを大幅に制限し、 イギリス、オーストラリアでも移植技術を持ちながら海外に頼る日本人の締め出しが始まりました。ドイツは受け入れを中断する方向だそうです。

臓器の提供不足が原因で、毎年1万人を超える日本の児童が命を失っている事実を見る時、10年以上もこの問題を放置して、その間10万人以上の子供の命を奪った議会の不作為に怒りさえ覚えます。

党首討論の論評にも値しない次元の低さには、ただ呆れるばかりです。不況脱出と経済金融新秩序の構築は、9月のG20サミットの中心課題です。この会議に向けて、各国首脳は自国の権益を守りつつ、グローバル化した経済・金融危機の再来を防ぐべく日夜真剣に討議しています。この問題が党首討論のテーマにも載らない様では、常任理事国入りを考える事も僭越です。

その他にも、未だに混乱の続く国民保険問題、日本特有の介護問題、世界最大の借金国日本の財政再建、通常予算より遥かに大きな特殊会計と言う「国家公認闇金融」など重要問題は山積しています。西川氏の再任問題とは次元の違う重要な構造的問題です。

重大な意見の違いを決闘ではなく、討論を通じて解決するのが議会制民主主義の始まりでした。国家間の決闘である戦争を放棄した日本にとっては、本質を突いた討論能力は、日本の将来を決める重大なスキルです。「曲学阿世術」では世界に対抗出来ません。日本国民が、ペラ紙行政と曲学阿世術に長けた政治家を排除して、本格的政治家を選ぶ時代が一日も早く来て欲しいものです。

ニューヨークにて切歯扼腕しながら
北村隆司

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑