迷う日経電子新聞の購読 - 原淳二郎(ジャーナリスト)

2010年03月09日 15:02

 日経新聞が3月23日から発行する電子新聞を購読するかどうか迷っている。発表された購読料は、紙の日経新聞を購読している人は月額1000円。非購読者は4000円である。電子新聞は紙の新聞より月額400円弱しか安くならない。既存読者が電子新聞に乗り換えられたら困るという価格設定といえる。収入が伸び悩む昨今、紙の新聞も電子版もというわけにはいかない。電子版に切り替えたいところだが、決めかねている。


まず、PCや携帯端末で読みやすいかどうか。老眼だから、ただでさえPCやケータイの画面で文字を読むのが辛い。文字を大きくして読めばいいのだが、スクロールするのが面倒だ。そもそもディスプレーで文字を読むのは疲れる。若い人にはわからないだろうが、老眼とは厄介である。

電子版には魅力もある。まず古新聞がなくなり、家の中がすっきりする。古紙回収に出す手間が省ける。1か月分の古新聞は結構重いし、縄でまとめるのもしんどい。それに毎月月末に来る集金人に会わなくてよい。共働きの家人が新聞を持って出勤すると読めないという事態が避けられる。しかし、宅配がなくなると折込チラシもなくなる。スーパーの特売などをこのチラシに頼っている主婦などは電子版になると困るだろう。

切り抜きに当たる電子的コピーができないとジャーナリストとしての仕事に差し障りがある。また同時に複数の家人が異なる端末で読めるのかどうか。日経新聞にもホームページにも説明がないので問い合わせてみた。以下は日経新聞からの回答。

「原則としておひとりでの利用をお願いしておりますが、同居されているご家族の方がお使いになることに関しては問題ございません。記事はコピーペーストが可能ですが、切り抜き等、画像として取り込むことはできません」

 心配には及ばないようだが、まだ決心がつかない。電子版は紙もインクもいらないし、何より配達コストがかからない。それでも紙の新聞より1割引にもならない。もっと安くなっていいはずだと思うからだ。一部記事の検索機能など付加価値はついているが、どこまで利用できるのかまだよく分からない。
 
よけいな心配だが、電子版が売れたら販売店の経営はどうなるのだろうか。月末に集金に来るぶっきらぼうなお兄さんの顔を見なくて済むのはいいのだが、彼らの生活はどうなるのだろう。この不況下で失業したら大変だ。

 電子版単独購読にするか紙の新聞と併読にするか、あれこれ考えたが、とりあえず併読で申し込んだ。4月末までは無料サービスになっているので、その間にどちらがわが家のライフスタイルに合っているか決めればいい。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑