今更ながら「光の道」に就いて

2010年12月30日 16:17

「光の道」に就いて随分長い事議論が続いている。どう考えてもFTTHはニッチな層を対象としたサービスとしか思えないのだが、奇異な事に、ソフトバンクの孫社長、そして今一方の主役NTTもユニバーサルサービスとして位置付けている。
結果、毎日の様に郵便受けに加入勧誘のチラシが投函されたり、家電量販での活発な加入営業のシーンに遭遇したりする訳である。本来ニッチ層に向けてピンポイントにアプローチすべきをこういう効率の悪い方法で加入獲得している結果、獲得当たりのコストが極めて高く成って居ると聞いている。

フレッツは当初市場に投入された時点では当時としては非常に良く出来たサービスだったと思う。会社員でも懐傷めず支払う事可能な月額料金が何より大きかった。此の背景は頭の固いNTTにしては珍しくベストエフォートの概念を採用した事だろう。ユーザーが求める機能もほぼ全て搭載されており、それ故に当初は加入も順調であった訳だ。

問題は変化が速いIT業界で此の10年サービスも、プロモーションも、商流も何も変わらなかった事にあると思う。
そして、最近気に成るのはNTTがフレッツサービスで世に何を問おうとしてるのかさっぱり見えない点である。流石に惰性で継続しているとまでは言わないが。
疑問ある方はNTTのHP閲覧すれば一目瞭然と思う。

人は一日単位であれ一年単位であれ移動し続ける動物である。それなりに活躍している会社員であればセブンイレブンは当たり前と思う。従って、FTTH使える時間は寝る為の時間であり、要は使う時間無いと言う事である。又、Deviceは異なれ
無線対応PCとか或いはスマホで24時間ネット接続する必要あるが此のDeviceは家でも無論使える。要はDeviceが重複してFTTHが無駄に成る訳である。

或いは、地方から出て来た大学新入生がネット環境を選択するとすればFTTHはお奨め出来ない。何故なら教養部から学部への移動とか卒業して就職とかで引っ越す訳でその度に解約、新規加入の手続き如何にも煩雑である。それに加え、部屋でしか使えないと言う致命的な弱点は既に述べた通りである。

ADSLからFTTHへの移行も当初NTTが想定した様には進んで無い様だ。理由は簡単で普通のインターネットユーザーはADSLで充分であるからだ。メールのチェックと返信、それからHPの閲覧に100Mbps何て全く必要ない訳だ。

誤解を恐れず、そして厳しく言えばFTTHを必要とするのはネット経由動画を視聴する層位ではないか?
無線通信のQOSはエリア、時間帯に拠り大きく異なり何とも言えないが流石にHDとかだと厳しいと思う。

商流も闇夜の空に向けて鉄砲を連射して、たまたま上空を飛んでいる鴉に命中させる様な現在の雑な物では無く、コンテンツのネット公開を促進させネット経由の視聴者層の拡大を図り此の層に向けてピンポイントにアプローチすべきと思うが。

そう言った意味では今回のNHKのGoogleへの番組販売はNTTに取っては朗報である。Googleと提携しネット経由NHK番組を視聴する層に販促仕掛けるには現在の商流より遥かに効率良い筈だ。

「光の道」への私の認識を総括すれば、今後の通信、表現変えれば、ネットへの繋がり方は家の中でも外でも使える無線対応PCとか携帯Deviceが主流と成りFTTHはネット経由動画を楽しみたいと言う、今の段階ではある種Geekとまでは言はないにしてもニッチな層の贅沢なサービスであり、決してユニバーサルサービスに等成り得ないし、国家主導で進める案件でも無いと言う事である。

山口 巌
ファーイーストコンサルティングファーム 代表取締役

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑