Jリーグ特命PR部のソーシャルメディアマーケティング、2010年度を締めくくった451枚のユニフォーム - @ogawakazuhiro

2011年01月21日 09:04

via http://ogawakazuhiro.com/blog/000097.html

オガワカズヒロが手掛けてきましたJリーグ特命PR部のソーシャルメディアマーケティングも、2010年度を無事締めくくることができました。

詳細な総括は別の機会にあらためたいと思いますが、そもそもJリーグ特命PR部とは、Jリーグとサッカーの魅力を広めていくために作られた部で、部員がTwitterやブログ等のソーシャルメディアを通じてJリーグやサッカーの話題を盛り上げると同時に、女子マネージャー役の足立梨花さんから発令される7つのミッションを一つ一つクリアしていく企画を展開してきました。

最終的にソーシャルメディア上で集まった特命PR部員は3800名を越え、2010年のシーズン中に部員の皆様が投稿したJリーグやサッカーの話題は破格の数になりました。この特命PR部員の皆様の活動が、Jリーグ、そしてサッカー界の活性化に繋がったことと確信しています。

そして、先のミッション最後の7つ目は、「あなたの応援するクラブのレプリカユニフォームやコンフィットシャツで着なくなったものを送って下さい!」というものでした。ここで集まったユニフォームは、カンボジアの小学校へ送られるのですが、ソーシャルメディア上でこのミッションが広がり、最終的には451枚のユニフォームが集まりました。

僕らがこの最後のミッションを企画する際にイメージしたのは、色とりどり全37クラブのユニフォームが集まり、それをカンボジアの子供達が着てサッカーボールで遊ぶ姿です。そしてその子供達の中から、プロのサッカー選手が生まれ、活躍している姿です。

このミッションへの皆様の思いが重なり(全37クラブに加え、消滅した横浜フリューゲルスも含まれていました)、今月下旬に現地へこのユニフォームが届けられる予定です。

まさにソーシャルメディアを通じて実現したこの企画、皆様の思いに胸が熱くなりました。この場をお借りして、ご協力頂いた皆様に御礼申し上げます。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑