石原慎太郎こそ売国奴だ

2012年04月20日 07:51

石原氏の笑顔を見たか。

インタビューに嬉しそうに答える彼。

「何か文句あるか!(笑)」

満面の笑みである。

あるね。

大いにある。

そして、それを黙って追従笑いをして報道し続けるメディア。

それを拍手喝采で迎える国民。

彼らはすべて売国奴だ。

***

自己中心的。

もともと石原氏とはそういう人間である。

彼は何者か。

彼は右翼でも何でも無い。

コメディアン。

及びエンタメ作家である。


石原氏は、太陽の季節というエンタメポルノ小説で華々しいデビューを飾った。

芥川賞を取ったが、それは、「彼は勃起 した陰茎を外から障子に突き立てた」という表現に代表されるような刺激的なものであったことにより世間の話題をさらい一躍有名になったのである。

そして、その後も、これに尽きているのである。

彼は目立ちたがり屋で、物議を醸すことで快感を得、その姿に、日頃のストレスから解放され、溜飲を下げる大衆に人気を得る。典型的なエンタメ系ポピュリストなのである。

信念もなく、権力志向でも無い。その意味で橋下氏よりもより一層わかりやすい、自己陶酔、ナルシストコメディアンである。

今回の、尖閣諸島の問題も、彼の快感に満ちあふれた笑顔に尽きている。あの笑顔のために、日本の国益、外交を犠牲にしたのだ。

中国に対する弱腰の姿勢が問題であるならば、野田首相と官邸で密会し、議論を戦わせれば良い。亀井と密会する暇があるなら可能なはずだ。民主党政権の対中政策の弱腰が日本を不利に陥れているのであれば、今回の石原発言により、中国は、これを絶好機とばかり弱腰の民主党政権を押し込んで来るであろう。日本が攻撃的なスタンスを取るのであれば、中国は正々堂々と攻撃的なスタンスを取ることが出来る。海軍を派遣できるし、資源採掘もより一層堂々とやれるようになる。

民主党政権の弱腰が悪いとしても、石原氏の行動によってそれが変わるわけでは無いから、さらに弱腰になり、また中国としてあらゆる交渉が有利になる。したがって、民主党が弱腰であろうと無かろうと、官邸の外交戦略と連携しなくては、すべてのことは逆効果である。

また、真に尖閣を守る気があるならば、黙って都で買い取るか、彼の個人資産で買い取れば良い。米国で宣伝することは、尖閣を公的所有とするハードルを上げることになるだけだ。

したがって、石原氏の今回の行動はいつも通り、国を思うわけでも、尖閣を思うわけでもなく、自己の快楽を得るための行為に過ぎない。

太陽の季節。 時代錯誤だ。

「離れに上がると彼は障子の外から声を掛けた。“英子さん”部屋の英子がこちらを向いた気配に、彼は勃起 した陰茎を外から障子に突き立てた。障子は乾いた音をたてて破れ、それを見た英子は読んでいた本を力一杯障子にぶつけたのだ。本は見事、的に当って畳に落ちた[19]。その瞬間、竜哉は体中が引き締まるような快感を感じた。」

尖閣に自らの陰茎を突き立てて、中国からの非難の快楽に酔いしれているのだ。

問題は、このときの英子の気持ちで、日本の大衆の一部が、この小説、映画で快楽を得、また、今回の石原節を喝采で迎えるように、快楽に身を震わせているのか、日本の外交の未来のように、精神的な、無駄なダメージを受けることになっているのか。

石原を支持する人々は、政治、外交をエンターテイメントとして捉えていることは確実だ。

それは個人の自由であるが、私は退屈で誠実な未来を望む。

真に大国、強国であるならば、中国のように、黙って占領する。騒がない。対中強硬を叫ぶ時点で、弱いことを露呈しており、弱者の劣等感の表れだ。それがヒステリックな反応となり、すぐに卑屈な姿勢に変わる。それが今の日本だ。弱いなりに堂々と、淡々と、普通に、言うべきことを言い、守るべきことを守るだけのことだ。それが真の外交である。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑