常軌を逸し始めた韓国

2013年07月29日 13:30

韓国の済州島出身の評論家で大学教授の呉善花(オ・ソンファ)氏に対し、7月26日、親戚の結婚式へ出席するために日本から韓国へ入国しよとした際、仁川空港で韓国当局から入国禁止措置がとられていた、という「事件」が話題になっています。同氏はすでに日本国籍に帰化している。2007年にも故郷の済州島へ母親の葬儀のために入国しようとした際、同氏は「反韓国的活動」を理由として入国を一時、拒否されています。今回、韓国側の入国禁止理由は「ノーコメント」だそうなんだが、日本の一般人に対する正当な理由のない措置であり、これが本当なら国際的な大問題です。


韓国人の言動については、いわゆる「火病(ファビョ)」で常軌を逸した過剰反応が取り沙汰されることが多いんだが「テキサス親父日本事務局」で書かれているように、米国でも例の慰安婦像があちこちに建てられ、在米日系人との軋轢も強まっているようです。朝鮮戦争の休戦60年式典に日本政府を招待しなかったり、韓国政府の態度も子どもじみている。昨日の東アジア杯の日韓戦では、政治的な情宣が禁じられているのにもかかわらず、またもおかしな横断幕が掲げられました。

独善的なプロパガンダや対外的な過剰反応、子どもじみた言動といえば北朝鮮のお家芸のようなものです。しかし、どうやら韓国は政府も同じような姿勢を発動させ始めているらしい。今回、日本の一般人を正当な理由なく入国させなかった件は、韓国には思想信条の自由がなく反対意見は威力的に封殺する、という態度を見せつけました。これで、中国や北朝鮮のような国家がまた一つ増えた、というわけです。

中国と韓国をお気楽に解説のブログ
韓国が一般人の入国拒否


携帯電話料金値下げに期待、総務省が電波利用料を軽減へ
BUZZAP!
LTEでパケット料金が値上げされ、スマホユーザーは悲鳴を上げているわけなんだが、この記事によるとひょっとしたら料金が値下げされるかも、という話です。ちょっと前に、auのパケット定額料金をつけ忘れた結果、1カ月弱で400万円も請求が来た、と話題になりました。この例にあるように、日本の携帯通信料が高いのは有名で、香港の約20倍から80倍、米国の600倍から2000倍もします。こんな法外な料金に黙ってるのは日本人だけですね。どんだけお人好しなんだか。

方向性をまちがっているとしか思えない、最高時速209キロのホンダ芝刈り機
clicccar
村上春樹の初期の小説を読んでると、よく芝刈り機が出てきます。日本における芝刈り機、というのは、芝を機械で刈らなければならないほど広く欧風の庭をもっている、という象徴だった。今となってはあまり使われなくなった「進駐軍」の家なんかがそう。ほんの20年くらい前に立川や横浜にはたくさんありました。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』の主人公なんかも確かそんな家に住んでたような気がします。この記事によると、トンデモない芝刈り機ができたらしい。芝刈り機カテゴリーのレースなんてありません。

激辛好きは冒険好き
QLife Pro
人間の味覚に「辛味」というのを関知するセンサーはありません。辛味は「痛み」に近い感じかな。この記事によると、性格を調べるテストを行ったところ、辛いモノ好きは「新奇探索傾向」という好奇心旺盛な性格の人が多かったらしい。新奇探索傾向というのは、一所にとどまることに満足せず、次々に新しい世界に興味を持つ性格です。良く言えば好奇心旺盛、悪く言えば落ち着きのない人。遺伝子的には、11番染色体の第4受容体を作る塩基配列で繰り返しの回数が多いほど新奇探索傾向が強くなるらしい。この繰り返しの回数は、1回~8回と言われています。この繰り返しが多ければ遺伝子が長くなり、脳内神経伝達物質を受け渡すとき、情報の解読がうまくいかない。そうすると、興奮状態を沈静化するドーパミンが少なくなり、常に興奮をしている性格が形成される、というわけ。ちなみに、日本人には新奇探索傾向の人は多くありません。

ペタッとくっつけると48時間ぐらい蚊が寄ってこなくなるパッチ「Kite Patch」
GIGAZINE
外で活動してると藪蚊に刺されたりします。携帯用の蚊取り線香とか虫除けスプレーなんかもあるんだが、蚊取り線香は面倒だしスプレーは変にべたついて気持ち悪い。しかし、この記事で紹介されてるパッチはいいですね。「Kite Patch」というらしい。どうして蚊の対策になるかと言えば、蚊が我々を見つけるメカニズムを無効にさせるから。マラリアに悩む熱帯地方の人たちのために開発されたパッチ。クラウドファンディングで出資を募っています。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑