「アバター」化がもたらすバイト炎上騒動

2013年09月04日 12:19

「アバター」というのは、ネット上などのバーチャル空間における「分身」のことです。世界興行収入のトップに君臨したジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』は、異星人との意思疎通をはかるため、実物の「肉体アバター」を作り、それをヒトが遠隔操作する、という着想の作品でした。これはバーチャルではなくリアルな「アバター」であり、現在でもヒューマノイド型ロボットがさらに進化していけば、遠方から自分があたかもその場所にいるかのような「分身」を操作させることができる、と考えられています。


一方、ネット上のコミュニティにおける「アバター」は、SNSなどのプロフィールやソーシャルゲームなどで使われています。Mobageの「アバタービジネス」が有名。2000年代後半の一時期、「アバターバブル」のような状況だったんだが、今では陳腐化し、その座をLINEなどのスタンプビジネスに奪われています。しかし、あれは「アバター」を着飾らせたり部屋に小物を置いたりしていたことが、今度はLENE上のスタンプでメッセージなどを飾ることへ変わっただけ、という人もいます。スタンプも一種の「アバター」なのかもしれません。

ちなみに「アバター(avatar)」とは、サンスクリット語の「化身」の意味である「アヴァターラ(avataara)」が語源だそうです。なので商標権などはありません。1985年のRPG『Habitat』では元の宗教的な意味で、また同年のPCゲーム『Ultima IV: Quest of the Avatar』では我々が現在、使っているのと同じような「アバター」として登場したらしい。SF小説ではもっと古く、1980年にノーマン・スピンラッドが書いた『Songs from the Stars』の中に出てくるそうです。やはり、ネット上で自分が活動するための「意匠」として「アバター」という言葉が一般化していったんでしょう。

バーチャル空間にどうしても自分の「分身」が必要だったり、コミュニケーションする際にどうしてもメッセージを飾り付けなければならないとすれば、「アバター」やスタンプの次なる「意匠」アイディアが出てきても良さそうです。ひょっとするとそれは映画『アバター』のように、リアルとバーチャルの間で活動するような「分身」なのかもしれません。また、お騒がせバイトがネット上で炎上を繰り返しているのも、こうした方向性を表している現象とも考えられます。「ホンモノ」と「分身」の境界が、ドンドンあいまいになっていく時代なんでしょうか。

週刊アスキーPLUS
肌の質感が艶めかし~い壇蜜さんのLINEスタンプが登場


Radical new icebreaker will travel through the ice sideways
gizmag
温暖化の影響で、北海航路の可能性が高まっています。ロシアにとって大きなビジネスチャンスになっているんだが、そうは言っても冬になれば厚い氷が北極海をおおってしまう。依然として砕氷船の活躍が期待され、様々な技術革新が行われています。この記事では、フィンランドの企業が開発した横向きに進む砕氷船を紹介。横向きのため、より広く航路を開けることができる、というわけです。

コスタリカ、国中の動物園を閉鎖
GIZMODO
この国は国土のほとんどが「動物園」みたいなもんなので、わざわざ柵や檻を作って動物たちを閉じ込めておくのはもったいない、と思ったんでしょう。最近では治安が悪化しつつあるコスタリカなんだが、それでも中南米では屈指の豊かな自然を誇ります。しかし、財政的に動物園を維持できなくなる、というのは、治安悪化の裏表なんでしょう。

投資で社会貢献ができる「社会貢献債」から考える、企業のCSR活動とその課題
CSRのその先へ
企業活動は得てしてCSR活動と相容れないことがあります。ステークホルダーというのは、ようするに会社の経営陣からみれば利益をもたらすヨソ者に過ぎません。共存共栄というのは、時としてキレイごとになる。とはいえ、企業も社会的な存在である以上、顧客や従業員はもちろん関係各所があってこそ。利益の一部でいいから、どんな形でも社会へ還元しといたほうが、後々のためです。この記事では、企業にはワクチン債や貧困層向けの融資ファンド、水道整備などインフラ整備のための債券など「社会貢献型の債券」に投資する方法もある、と紹介。ただ金を出すだけではなく、その効果も検証される時代になってくるようです。

日テレ、宮崎監督引退で『紅の豚』急きょ放送へ 会見と同じ6日に決定 ~宮崎駿 5年ぶり5度目の引退発言!そうか、そうかw
素浪人♪の日々不穏
今年の高校野球、夏の甲子園大会は、群馬代表の前橋育英が初出場で初優勝しました。準優勝の宮崎代表、延岡学園のほうは3年ぶり7度目の夏の甲子園出場だった。九州勢で唯一、優勝のなかった宮崎県に大優勝旗をもたらすことはできませんでした。で、宮崎駿監督が引退を表明したらしいんだが、彼には「前科」があって「辞める辞める詐欺」とまでは言えないんだが、このブログで紹介されているように、大作を発表するたびに「辞めようかな」と発言しています。今回のアニメ『風立ちぬ』にしても、最初は映画化するつもりはなかったらしい。あちこちに発想を書き散らかすうち、また創作意欲がわいてくるのかもしれません。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑