日本ビールは世界の巨大合従連衡に抗しきれるか

2014年02月21日 16:44

まだまだ寒い季節が続きます。お酒は飲みますか。当方、ホッピーが好きなので、最初は「とりあえずビール」で生ビールを一杯飲み、その後はホッピーか焼酎のお湯割り、というパターンが多いです。寒くても最初はビールで喉を潤したい。オッサン世代の希望でしょうか。あ、あと個人的に好きなビールは、サッポロの黒ラベルです。


しかし、若い世代の酒離れが影響しているのか、それとも景気が悪いからか、全体的に酒類の市場はここ10年で漸減傾向に歯止めがかかりません。とりわけビールの出荷量は15年間でほぼ半分強になっている。ちょうど発泡酒が出始めたころなので、発泡酒がビールの市場を蚕食し、さらに10年くらい前からは「新ジャンル」と呼ばれる発泡系の酒類が登場。価格の安さや飲みやすさなどもあり、すでにビールの出荷量は、発泡酒と新ジャンルを合わせた量に並ばれています。

消費税増税などで減税されてきたウィスキーや日本酒に比べ、ビールにかかる酒税は高止まりになっているんだが、発泡酒や新ジャンルの酒税もむしろ増税されています。酒税収入における割合が、ビールが45%前後。発泡酒と新ジャンルを合わせると2/3にもなります。そのせいか、財務省は酒税の中でもビールには特別のこだわりがあるようでなかなか下げません。

一方、発泡酒や新ジャンルの低価格化と同時に、高級志向のいわゆる「プレミアムビール」が好調のようです。まずはサントリーとサッポロが出し、それを眺めていたキリンやアサヒも新製品を出して追随し始めています。2月17日には、ビール大手4社から2013年12月期通期の連結決算が出され、サントリーとアサヒが過去最高を記録。アサヒは「スーパードライプレミアム」が売れているらしい。ビールの売上げだけが影響したんじゃないんだが、キリンとサッポロが伸び悩む状況になっています。キリンの「グランドキリン」のほうは、同ブランドでカニバって伸び悩んだようです。

ビールなど発泡酒類では、安いものと高級っぽいものの二極化が進んでいるんでしょう。しかし、プレミアムビールの伸びシロは、そう大きくはない。大手の参入で市場が飽和してくれば、かなり激烈な争いが起き、遠からず脱落するものと生き残るものに分かれるんだと思います。さらに4月の消費税増税で、大衆消費がどうなるか微妙でしょう。

国内市場の拡大が望めない以上、世界へ目を転じなければなりません。日本のビール市場は、米国の1/5、中国の1/8、というデータもあります。サントリーが米国ビームを買収したり、アサヒが中国進出に本腰を入れ始めたり、キリンがオーストラリアの飲料メーカーへ食指を伸ばしたりした昨今のM&Aや業務提携の動きは、こうした背景から自然なものでしょう。

しかし世界をみれば、ビールの巨大メーカー、ガリバーはアサヒやキリンどころの規模ではありません。米国バドワイザーのアンハイザー・ブッシュを買収したベルギーのインベブは世界のビールのシェアが25%。これまた米国のミラーを買収した英国のSABミラーやオランダのハイネケン、ベルギーのカールスバーグの4社の「4強」で世界市場の半分以上になります。5位が中国の青島ビール。日本のビールメーカーは世界で言えば8位以下。もともと酒類はドメスティックなものであり、各国のユーザーの嗜好に大きく影響されます。日本の製品を現地で作っても受け入れてもらえないでしょう。日本市場に魅力はなさそうなんだが、ヘタをすれば逆にM&Aされかねません。

国内のビールメーカーで言えば、アサヒがついに時価総額でキリンを抜いたそうです。スーパードライの大ヒット以降、両者の拮抗状態が長く続いています。アサヒには、二本目の柱がなかなか育たない、という弱点がある一方、キリンにしても飽和しつつある市場で、二つのブランドが食い合ったりしている。2010年に破談になったキリンとサントリーの統合計画が、何年かたって酒席での残念話のネタにならないように気をつけてほしいもんです。

リアルライブ
ビール好きに朗報! ロシアは「ビール天国」だった!


海外ウェブメディアの現在地 ~新興メディアの視点と大手メディアの実験~
メディアの輪郭
ネット上のメディアにしても言語環境が重要です。宗教にしても同じ。英語圏や中国語は、それだけでマーケット規模が違います。日本語はどう頑張ったって1億人しかいません。その中のパイを取り合うわけで、なかなか厳しいものがあります。そりゃアゴラもグローバル展開したいんだが、先立つものがないとね。取材にしても原稿料にしても同じです。なんとかアクセク頑張ってる。どうも愚痴っぽくなって申し訳ないんだが、何かいいアイディアがあったら教えてもらえませんか。このブログでは、海外で頑張ってるwebメディアを紹介。中では「VIRALNOVA」という口コミサイトが興味深い。FacebookなどのSNS内に侵食することで、相互に影響力を増大させる、という戦術が新しい。しかし、どのメディアも短文化傾向が顕著です。

食品添加物は「敵」? 食品添加物と上手に付き合う5つのポイント
ビーカイブ
当方の家人がそうなんだが、添加物をやけに気にする人がいます。もう人生も残り少ないわけで、個人的には放射能も添加物もたいして気にはならない。若い人は気にしなければいけない、と思うんだが、添加物、と一口に言っても古今東西、食品に何かを「添加」してこなかった民族はいません。食品に入れて良い添加物も国の行政によって違います。この記事では「台所にないもの」に気をつけろ、と書いている。これについてもバランスが重要。気をつけていさえれば、神経質になり過ぎることはないと思います。

Fukushima and Japan’s Cultural Curtain
The DIPLOMAT
原発事故を起こした福島第一では、今も廃炉に向けた作業が賽の河原で石を積むように続けられています。何十年かかるかわからないんだが、長期化すればするほどケアレスミスが増えてくる。蓄積放射線量の関係もあり人的資源も無限ではありません。先日も線量計測や汚染水管理でミスが出た。この記事は、責任の所在をあいまいにする「日本の文化的風土」を原発事故の対応にからめて書いています。いまだに事故と賠償、そして事故処理と廃炉などの責任が政府にあるのか東電にあるのか、国民にはちょっとわからない。最終的に国民全体が責任を負うことになるんだろうが、誰もはっきりそれを言いません。

The most important thing you’ll see today: Internet censorship world map
BGR
インターネット上の情報は検閲されているのか、という記事です。国によって濃淡が違う。モロッコ、エチオピア、中国、ベトナム、タイ、サウジアラビア、トルコ、キューバ、といった国々でネットが監視されているらしい。日本や米国などでは「TORRENTS」によるコンテンツの違法ダウンロードを、キューバ政府はポルノの閲覧を見張ってるんだそうです。ロシア政府は政治的なサイトを注視。中国政府は、おそらくほぼすべてを監視してるんでしょう。大変そうだ。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑