リピーターの比率が、セミナーやスタディ・ツアーの評価基準になる --- 内藤 忍

2014年03月15日 10:58

今週木曜日に、東京丸の内にあるBB&R(ベリー・ブラザーズ・アンド・ラッド)社のワインサロンで、ワインテイスティング&インベストメントセミナーを開催しました。昨年から、ほぼ毎月開催しているもので、定員は11名。今回は、特別編ということで、いつもよりさらにグレードアップしたボルドー5大シャトーやブルゴーニュのグランクリュを取り揃え、いつものように「価値>価格」の提供を心がけました。


初めて一人で参加という方もいましたが、半数近くの人は2回目以上。中には3回目という方もいらっしゃいました。

ワイン投資の講義の概要は、大きく変わることはありませんが、その時期に投資するのに適したワインというのは、在庫状況によって変わってきます。せっかくなら、楽しく味わって、最新情報を収集し、納得してから投資したいという方が、何回もリピートして参加してくれるのです。本当にありがたいことです。

来月実施の内藤忍と行く!2泊4日フィリピン海外不動産視察ツアーも、既に参加者が10名になりました。東京出発が基本ですが、北海道や関西、海外からの参加者の方もいらっしゃいます。

こちらも面識の無い新しい参加者の方もいますが、半分は、以前に資産デザイン研究所のスタディ・ツアーに参加されたリピーターの方です。

セミナーもスタディ・ツアーも、今まで一切広告をしていません。このブログや、資産デザイン研究所メール、そしてフェイスブックなどで告知しているだけです。ありがたいことに、それらを見て、あるいは口コミでの評判を聞いて、参加していただけるのです。

何回も開催していると、リピーターがどれくらいいるのがというのが、クオリティを判断する基準の1つになると思っています。

リピートしてくれる方が多いということは、それだけ過去のセミナーやツアーを楽しんで価値あるものと感じて頂いたからです。以前いらした方とまた再会して、色々なコメントを伝えてもらえるのも企画をしている楽しみの1つになっています。

クオリティを維持するだけではなくさらに向上させ、満足していただくためには、以前と同じものでは不十分です。さらに内容を見直して良いものに変えていく必要があります。

今回のフィリピンツアーも前回の改善点を反映して

1.金曜日休むだけで週末を使って視察可能
2.マニラだけではなくセブも見学
3.2つの不動産会社に案内してもらうことで、厳選された物件を視察可能
4.価格をできるだけ抑えて、リーズナブルなプランをご提供

と、さらにバージョンアップできたと思っています。

現地を見学して、海外不動産投資を真面目にやりたい方は是非、ご参加ください。

セミナー、スタディ・ツアーともこれからも更なる品質向上を行い満足度を高めたいと思っています。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2014年3月15日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑