海外から来日した人が過去最高だった3月

2014年04月24日 13:40

昨年は海外から日本に訪れる人が前年から24%増加し、ビジット・ジャパンが2010年の達成をめざしていた1000万人を超えました。そして、今年も、1月が前年同月比で41.2%増の94万4千人、2月が20.6%増の88万人、そして昨日に政府観光局が発表した3月の推定値も対前年22.6%増の105万1千人と単月で過去最高を記録したようです。


ちなみに、政府統計では海外から日本に来た人数を「訪日外客数」としているので、以下は訪日外客数としておきます。

2011年の東日本大震災、また福島第一原発事故の影響でいったん減少した訪日外客数は再び順調に伸び始め、成長分野になってきています。ビジット・ジャパンのさまざまなプロモーションも効いているのでしょうが、格安航空(LCC)の増加や羽田空港の国際線増便の影響が大きいのではないでしょうか。
訪日外客数推移

訪日する目的は観光やビジネス、また文化交流などさまざまでしょうが、昨年の内訳をみると総数の77%が観光を目的です。

訪日目的

訪日外客数の動向は、たんに海外から訪日した人たちの日本での旅行消費額が1兆4000億円にのぼる経済効果があるというだけにとどまりません。国別の訪日外客数の変化を見れば、その国の人たちの日本に対する関心度や好感度の変化を示す指標にもなり、また人の交流、実際に日本を体験してもらうことを広げ、積み重ねることが、長期的に見れば、国と国の関係を築くソフト・パワーともなってきます。

それで気になるのが、外交関係では冷えきり、最悪の状態となっている韓国と中国からの訪日数がどう変化してきているかです。これまでは訪日外客数では、韓国がトップを占めていましたが、昨年3月になって日韓関係の悪化が影響したのか、あるいは韓国では中国への渡航が急増している影響なのか、韓国からの訪日数が伸び悩みはじめています。そのために、3月単月では台湾がトップとなりました。
韓国・台湾・中国推移

それでも、今年の1~3月の合計では、やはり韓国がトップで、それとほぼ近い人数で台湾が続き、第3位が中国です。

注目しておきたいのが、その3位の中国からの訪日外客数です。2012年の反日暴動のあとは激減したのですが、日中関係が冷え込んだまま、尖閣での緊迫した状況が続いているにもかかわらず、昨年から再び急回復してきています。日本の自動車が再び中国でも売れ出していることと合わせて見ても、外交関係の冷え込みとは裏腹に人びとの反日感情は収まってきていることを伺わせます。

アセアンからの訪日外客数が増加してきているとはいえ、その3カ国を合わせると、実に訪日外客数の6割を占めており、やはりビジット・ジャパンの推進にとっては重要になってきます。
国別内訳

韓国から日本への観光客は横ばい状態ですが、韓国の執拗な反日キャンペーンに嫌気もさすでしょうし、韓流ブームも去って、さらに円安ウォン高という三重苦で、日本から韓国への観光客は激減しています。
韓国観光公社によると、昨年は前年比22.6%減の約275万人にとどまっています。しかし急増してきているのが中国からの観光客で、昨年は約433万人を記録し、中国人入国者が初めて日本人入国者を上回りました。
サーチナ|訪韓外国人旅行者数、中国が日本を抜いてトップ=中国版ツイッター

日本でも中国人観光客が伸びてきているので、中国人観光客をめぐっては、まるで日韓の激しい綱引きが起こってきているように見えます。

とくに韓国は、2013年には中国人と日本人を合わせると訪韓外客数の58%を占めていましたが、この状態が続けば、中国だけで半数を超えることにもなってきそうです。日本とは違って中国頼みに傾斜していくことになりそうです。韓国は中国にとっては近くて安い手頃な観光地だからです。
日韓の外国人観光客誘致競争、いっそう激しく 韓国を訪問した外国人観光客、中国人が初めて首位に:JBpress(日本ビジネスプレス)

ただ、韓国にとって問題なのは、中国人観光客のリピート率が低いことです。韓国文化体育観光部の2012年の調査では、中国人の韓国観光のリピート率は29.7%に過ぎず、日本人の64.3%を大幅に下回っています。
中国人の旅行先に変化、日本が人気に 韓国観光業界は危機感―中国メディア (XINHUA.JP) – Yahoo!ニュース

どのようなビジネスでもリピート率が重要になってきます。観光でも同じです。一度行って満足度が低ければ、再びの訪問は期待できません。観光庁の平成25年の年次報告書に訪日した観光客に行った満足度や再訪問希望率などのアンケート結果が掲載されていますが、日本の場合はいずれも高い結果になっています。時々、はじめて日本に来て、その清潔さや親切さ、また安全さなどに驚いた絶賛しているブログが紹介されていますが、その結果と一致しているのではないでしょうか。

31
24
観光庁年次報告書報告書(PDF)

日本の場合は、海外の人たちが実際に日本に来て、日本を体験さえしてもらえば、さまざまな誤解も解けるでしょうし、また日本ファンが広がる社会インフラや文化、またおもてなしの心や豊かな自然環境を持っています。それは日本の重要な強みになってきます。2020年の東京オリンピックはその大きなチャンスになってくるのではないでしょうか。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
大西 宏
株式会社ビジネスラボ代表

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑