ICPFセミナー 「遠隔医療の経済効果」

2014年05月19日 17:34

ICPFでは、健康・医療・介護分野での情報通信の利活用について、これまでセミナー・シンポジウムを連続して開催し、その必要性を訴えてきました。
しかし、利活用を進めることでどのような経済効果が国民にもたらされるかについて、きちんと議論したことはありませんでした。経済効果は利活用を進めるための大前提であり、それが期待できて、初めて立法・行政は施策を推進することができます。
そこで、今回のセミナーでは、遠隔医療の経済効果について、兵庫県立大学の辻正次教授に講演いただくことにしました。辻先生は、医療経済の立場から研究を進めておられる、この分野の第一人者です。皆様のご参加をお待ちします。

日時:5月28日(水曜日) 午後6時30分~8時30分
場所:東洋大学白山キャンパス 5号館1階5103教室
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授、ICPF理事長)
講師:辻正次(兵庫県立大学大学院教授)
参加費:2000円(ICPF会員は無料)
定員:40名(先着順)
申し込み:こちらのサイトからお願いします

5月29日開催の共催セミナー 「障害者権利条約の批准と情報アクセシビリティの今後」も受け付け中です。どうぞ、ふるってご参加ください。
申し込み

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑