パーソナル・コンサルティングは「人生のホームドクター」 --- 内藤 忍

2014年05月25日 11:48

パーソナル・コンサルティングのお問い合わせが、増えています。1時間のコンサルティングを2回行う方法で、毎月の受付人数は3名に限定。6月は既に満席、7月以降の問い合わせも、既にいくつか頂いています。

決して安い価格ではないと思いますが、お申込みされる方はそれだけ真剣に現状を変えたいという意欲を持っている方ばかり。こちらも、全力でサポートしていきます。幸いなことに、今までコンサルティングを受けた方の評判も良く、口コミのご紹介でいらっしゃる方も増えています。


コンサルティングを受けた方とは、その後もお付き合いが続きます。メールで問い合わせを頂いたり、資産運用の情報提供を優先的にさせていただいたり、少人数のランチ会を開催したり……。

このようなサービスには適正な価格というものがありません。相談者が、どのように活用するかによって、その価値はいくらでも大きくすることができるのです。

私が常に心がけているのは「価値>価格」になるようなコンサルティング内容を提供することです。10万円のコストをかけるのであれば、10万円以上のメリットが無ければ、受ける意味がありません。

メールで申し込みを頂くと、まずその方が何を求めているのかを考えます。こちらが提供できる価値が、そこにあるのか?やり取りをさせて頂き、場合によってはお断りするケースもあります。頂いた金額に見合ったサービスが提供できないと判断する場合です。

2回のコンサルティングが終わった時点で、本当に受けて良かったと思ってもらえるようにする。そんな満足感を提供できなければ、その人の人生を変えるようなインパクトを与えることができません。

8月はお休みをする予定ですが、7月は3名の方のコンサルティングを承ります。最近の相談事例としては、資産運用だけではなく、キャリア選択やセルフブランディングといったテーマでもお話する機会がありました。このように対応できるテーマであれば、コンサルティングの分野は問いません。

パーソナル・コンサルティングとは、自分だけでいくら考えても得られないアイディアを瞬時に得られる機会でもあります。人生を変えるためのそんなきっかけを得ることができれば、これから何をすべきかが見えてきます。後はやるべきことを自分自身が実践するだけ。

将来を不安に考えて一人で悩むのではなく、道を大きく拓いていく可能性を考える。パーソナル・コンサルティングには、相談者のライフスタイルをベストな状態に保つ、人生のホームドクターのような役割があると思っています。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2014年5月25日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑