W杯、米国VSドイツでニューヨークに異変! --- 安田 佐和子

2014年06月27日 11:01

00001

ワールドカップの予選リーグ最終戦を迎え、照りつける太陽がまぶしいニューヨークでは異変が生じていました。

米国VSドイツの戦いの火蓋が切って落とされたからです。

イーストリバーに集まったニューヨーカーをご覧下さい。

usa
(出所: WSJ)

ツイッターでは、「今日は2時間の会議が入りました、ピザ付きで応援です」なんて投稿とともに、こんな風景が。

usa-1

弊社が入るフロアでは、寄り合い所帯なもので共有キッチンがこんな状態に。

usa-2

試合開始を前に、株式市場の出来高もご覧の有様。

ZeELZVL
(出所: WSJ)

残念ながら試合は負けてしまいましたが、予選リーグはポルトガルのおかげで突破です!1930年にW杯が開始してから、2大会連続の通過は初めての快挙。ニューヨーカーをはじめ、アメリカ人の間でサッカー熱はますますヒートアップしそうですね。

視聴者数も、記録を塗り替える期待が高まります。スポーツ専門チャンネルESPNでの米国VSポルトガル戦の視聴者数が1820万人、米スペイン語放送大手ユニビジョン・コミュニケーションズの視聴者数650万人を合わせると計約2470万人でESPN史上ではNFLとカレッジ・フットボール以外の番組で過去最高を果たしていました。この日の試合も視聴者の増加が大いに期待できます!いったい、何万人にのぼるのでしょうか。

(カバー写真: AP)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2014年6月26日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑