大干ばつで「水警察」が出動する米国カリフォルニア州

2014年09月01日 14:43

米国ロサンゼルスの「水警察」が、干ばつのパトロールをしている、という記事です。いったい何をしているのか言えば、水を無駄にしている家庭や企業などを見回っている、というわけ。違反の罰金は100ドルです。
IMG_5613

カリフォルニア州は、ロサンゼルス以北の干ばつが、7月にはサンフランシスコ、サンディエゴあたりまで広がり、前代未聞の深刻な事態に陥っているらしい。ロサンゼルスのビバリーヒルズには、ふんだんに芝生を敷きつめた豪邸が並んでいるんだが、「水警察」はそうした富豪にも警告するんでしょうか。

PHYS.ORG
Water police on patrol in drought-scarred Los Angeles


22 Secrets Air Hostesses Will Never Tell You
BuzzFeeD
旅客機のキャビンアテンダント(CA)が教えてくれない22の秘密、というフィードです。どこの国のCEも旅客機の乗客にはウンザリさせられているらしい。しかし、魅力的な乗客には、それなりの態度で接するそうです。「What happens on layovers stays on layovers.」だそうで「layover」というのは「途中下車」のこと。何やら意味深です。

The Least Profitable Businesses In The U.S.
Forbes
米国の非上場の高収益の産業は、十代の若者たちとの関係を遮断している、という記事です。逆に、社会責任を果たしているような企業の収益率は低いらしい。高収益系の産業というのは、司法サービス、石油やガスの採掘、医療機器のリース、不動産など。唯一、マイナス成長の業種業態は、退職者のケア、生活支援、高齢者向けサービスなど。当然と言えば当然なんだが、記事では、これらマイナス成長の産業は、非営利団体が運営していたり公的補助を受けたりしているんだけどね、と書いています。

Qatar real estate prices hit record high in June
arabian Bisiness.com
経済成長と人口の流入が続く中東のカタールで、不動産価格が上昇し続けているようです。カタール中央銀行が発表した不動産価格指数は、この6月に過去最高を記録したらしい。この指数、2013年下半期に6.2%の上昇幅だったものが2014年上半期には21.5%にもなったそうで、いわゆる不動産バブルが起きている、というわけ。一方でGDPも上昇し、2006年からの不動産価格指数の伸び率が326%だったのと比べ、同じように所得の伸び率も2006年から345%も伸びているようです。
00001
arabian Business.comの記事より。

ストレスフルな仕事は糖尿病のリスクをアップさせる
QLife Pro
2型糖尿病は生活習慣病の代表選手なんだが、ストレスにさらされるとヒトは、この病気の発症リスクが45%も高くなるようです。これはドイツの調査に基づいた新たな知見。むしろ、ストレスフルな環境ほど、過食気味になるのかもしれません。仕事でストレスを受けているように感じたら、高カロリーの食べ物はなるべく避けるべき、という話です。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑