アメリカ人はなぜ年収300万円で200㎡の新築戸建に住めるのか --- 内藤 忍

2014年09月07日 20:23

00001

アリゾナのフェニックスに来ています。地元の人は「フィーニックス」と発音する、サボテンだらけの街です。

今回の目的は、やはりアメリカ不動産投資のオポチュニティ探し。いよいよ加速してきたアメリカ不動産投資の現状を視察するのが目的です。アメリカでは、日本とは正反対に今も人口増加が続き、あちこちで日本の高度経済成長のような住宅建設が進んでいます。


フェニックスにある建売住宅のモデルハウスを見学しましたが、200平方メートルくらいの日本の2倍はある一戸建てが、30万ドル以下(3000万円以下)で販売されていました。購入するのは、年収が3万ドル~5万ドル(300万円~500万円)程度の、地元の平均的なファミリー層だそうです。こちらでは夫婦共働きが基本ですから、年収は合わせて600~1000万円くらいになります。

日本だったら、セレブ雑誌の「豪邸拝見」のようなコーナーに出てくるような、広いリビングにバーベキューのできる庭、3つや4つもあるベッドルームに、ゴージャスな風呂や、トイレも3か所以上。何ともうらやましい暮らしです。

日本人が豊かさを感じられない理由の1つが、住宅の貧弱さです。1億円出しても、東京ではようやく小さな一戸建てを手に入れられるくらいです。そして、その返済に追われて人生の一番大切な時間を終えてしまう。何かが間違っているといつも思っています。アリゾナに住みたいとは思いませんが、日本の住宅事情は何とかならないのでしょうか。

日本とは違って、ここには電車もバスもありませんから、移動手段は車だけです。そこで重要になるのが、物件からハイウェイまでのアクセスです。ハイウェイに乗れば、時速100キロ以上でスムースに走ることができますから50キロ離れた場所でも30分もあれば到着できます。日本では、「何キロ離れているか」が大切ですが、ここでは「車で何分かかるか」が重要な指標。それを決定するのが、ハイウェイへのアクセスなのです。

見学した物件もフェニックスのビジネスエリアからは離れていますが、ハイウェイからは5分足らず。車なら充分通勤圏です。整然と整備された街に、ショッピングモールや病院、銀行などの施設が進出し、美しいエリアが完成していますが、聞けば10年前は何もない砂漠のような場所だったそうです。そこに、土地の開発のマスタープランを作り、造成して、住宅地として販売する。人口が増えている国だからこそできることです。

アメリカ全体ではこれから30年余りで人口がさらに1億人増えて4億人になると予想されています。その中でも特に南部は、人口の増加が著しく、アリゾナ、テキサス、ジョージア、フロリダといった州の成長が際立っています。

アメリカ南部には比較的良く行く方だと思いますが、アリゾナに来たのは久しぶりです。やはり現地の物件やその周辺のインフラ整備の動きを見ると、東京にいたらわからなかった情報が大量に入ってきます。不動産は現地を見るのが鉄則だと再認識しました。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2014年9月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑